お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

たまらんっす……。女性を虜にした「とろけるようなキス」10

ファナティック

大好きな彼とのキスで幸せを実感することは多いけれど、「とろけるようなキス」を経験することってなかなかないですよね。そんな「とろけるようなキス」ってどんなシチュエーションで、どんな相手だと体験できるのでしょうか。そこで今回は、女性のみなさんに「とろけるようなキスの経験」について聞いてみました。

大好きな人との初めてのキス

・「今の旦那と初めてしたとき。すんごい好きだったからできてうれしかった」(31歳/金融・証券/営業職)

・「大好きな人と初めてしたとき、真っ白になってとろけそうだった」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「好きだった人と夜景のきれいな公園でキスして、とろけるような経験をした」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ひとまわり年上の男性と付き合ったころ、初めてしてくれたキスが長くて気持ちよくてとろけそうだった。初めてキスが気持ちいいと思った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ずっと好きだった相手とのキスは、まさしく「とろけるようなキス」だったという女性は多そう。今までの気持ちが積もり積もって、最初のキスにつながるんだと思えばその気持ちも何となく理解できますよね。

キスが上手な男性と

・「酔った勢いだったけど男友だちと。大ざっぱな性格の相手だけど、意外にキスが繊細で上手だった」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「大学のときによく話していた外人さんにいきなりキスされたけれど、それまでキスの何がいいのかわからなかったが本当に気持ちいいと感じた。あれから10年以上たつがそれ以上に出会ったことがない」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「キスがすごくうまくて、本当にとろけそうだった。寝ぼけていたが一気に目が覚めた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

キスの相手は彼氏というのが普通ですが、酔った勢いで友だちだと思っていた男性としてしまったという人も。意外なことにそのキスが普段の相手の言動からは想像できないほど繊細で上手だったりすると、思わず異性として意識してしまうことも……?

相手の気持ちが伝わってくるようなキス

・「無理強いはしないけれど激しいキス。相手が自分を愛おしいという気持ちが全身から伝わってきてとろけた」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「すごく愛されているなと感じたときにありました」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「プロポーズを受けたときのキス。最高に幸せだったので」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

彼に愛されていることがキスをしながら伝わってくるのって幸せすぎる! そんなキスなら上手とか下手とか関係なく、とろけてしまいそうになるのは間違いなさそう。女性にとって一番幸せな瞬間であるプロポーズのあとにされたキスは、一生忘れられないくらい、幸せに満ちあふれたとろけるようなキスになるでしょうね。

とろけるようなキスの相手は、ずっと好きだった人、自分への愛情をしっかりと見せてくれる人というのが多いようです。お互いの気持ちが通じ合っていれば、唇と唇が触れ合うだけで気持ちよさを感じたり、全身の力が抜けてしまうほどの快感を感じたりすることも珍しくはないはず。あなたは、「とろけるようなキス」の経験はありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数153件(22歳〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE