お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ぎゃー、なんてこと! 「ワキ汗」にまつわる赤っ恥経験3選

ファナティック

夏になると女性を悩ませる「ワキ汗」。気を付けていても、暑さの中で移動したりすれば、どうしても汗をかいてしまいます。そこで今回は、女性のみなさんに「ワキ汗による恥ずかしい失敗」について聞いてみました。

グレーの服を着ていたら……

・「グレーのカットソーで走って出社したら、ワキ汗を同僚に指摘された」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「グレーのTシャツの色が変わっていそうで、暑かったけどカーディガンが脱げなかった」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「グレーの服を着ていたら汗ジミができてしまった」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

着まわしやすいグレーのトップスを愛用している人は多いと思いますが、汗をかきやすい時期は要注意。ワキ汗をかくと目立ちやすいので、汗取りパッドを使うなどして、対策していきましょう。

電車で……

・「電車の中でつり革を握ったら汗ジミがびっちょり」(32歳/生保・損保/事務系専門職)
・「電車でつり革をつかもうと思ったが、汗ジミがひどくて断念した」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「夏にワキの汗ジミが目立ち、電車などに乗るが恥ずかしかった」(23歳/その他/事務系専門職)
・「急いで電車に駆け込んだらワキから汗が滴った……」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

通勤時に多くの人が利用する電車。特に急いでいないときはまだ大丈夫かもしれませんが、あわてて電車に乗り込もうとしたときなどは、汗が出ていて大変。また、座れるくらい空いていればいいですが、ラッシュ時にはなかなかそうはいきません。混雑しているのなら、吊革につかまらなければなりませんが、汗ジミがすごいと、恥ずかしくて腕も上げられませんよね。

ニオイが……

・「ニオイがすることを職場の上司からやんわり指摘されたこと」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「仕事帰りの友人と偶然電車で乗り合わせたら、その友人がクサくてきつかったです」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

汗はシミだけではなく、ニオイも侮れないもの。特に、ワキの汗はニオイが立ちやすく、自分自身だけならまだしも周囲に気がつかれてしまう可能性もあります。制汗剤などで汗やニオイをおさえるようにしたいですね。

女性たちのワキ汗にまつわる赤っ恥エピソード、いかがでしたか? 気をつけているつもりでも、「恥ずかしい!」という事態になってしまうことは多々あるよう。ワキ汗対策は念には念を入れて、いつでも完璧な状態にしておきたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数148件(22歳〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE