お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたは持ってる? 職場の男性に奢ってもらえる女子が持ってるワケ6選!

大場杏

オフィスの同僚と2人で食事に行き奢ってもらうことは、「もしかして気に入られてる?」とドキドキしてしまうときもあります。しかし、高校生じゃないので、そこはきちっと大人な振る舞いを! そして、男性が攻めてきてるときは「眼」に現れていることが多いので、そこで判断するのもいいですね。さて今回は男性に、同じオフィスの同僚女性ひとりだけに、特別に何かを奢ってあげるのは、どんなときか聞いてみました。

■仲良しゴチ
・「特別仲が良かったので。」(31歳/金融・証券/専門職)

仲が良くて一緒に行動することが多いとしても、奢りますか? 毎回なのか本心を聞いてみたい!……特別仲がいいとはもしかして?

■感謝のゴチ
・「出張中の不在時に、面倒な仕事を全部肩代わりしてくれていたので。」(36歳/機械・精密機器/営業職)

これは、奢られてしまうのも納得。見返りを求めず作業するといいこともあるものです! このパターンは多いのではないでしょうか。

■苦労をシェアしたゴチ
・「一緒にプロジェクトをがんばったから、特別に2人だけでご飯に行きました。別に下心があったわけではありません」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

達成感と充実感のある素敵なゴチですよね。部下のモチベーションを上げるためにも必要なゴチと思われます。こんな上司は素敵です!

■手懐けゴチ
・「かわいい後輩だから」(33歳/運輸・倉庫/営業職)
・「気になってるから」(23歳/医療・福祉/専門職)

こちらは好意のある、下心満載のゴチでしょうか? 楽しく食事をするのは素敵な時間なので、交わすも受け入れるもあなた次第!

■慰労のゴチ
・「直属の部下に日ごろがんばっているご褒美に。」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「見てくれているんだ」、とこちらもうれしいゴチですよね。いや、ゴチはすべてうれしいですよね! 成果以外でも評価してもらえたら、忠誠心も高くなりますよね。

■なんとなくゴチ
・「2人でメシを食いに行ったから」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「ランチ」(38歳/通信/技術職)

年上だからなんとなくなど、ありがちですよね。特に初めて食事をする際は、奢ってもらえる確立高し!

職場の男性から奢ってもらう機会は時々あると思いますが、ご好意は素直に受け取り、感謝と最高の営業スマイルでお返ししたいですね。飲みニケーションは、若い世代には否定されがちですが、仕事をする上では重要なことのように思います。仕事が円滑にまわる潤滑油になってくれることも多々あるので、苦手でも1度行ってみてほしいですね。

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数123件(22歳~39歳の社会人男性)。

大場杏

編集ディレクター・ライター/医療系出版社で本を2冊担当。その後広告代理店にて商業施設や航空会社、外資系メーカーの広告・販促物全般、カタログ冊子、DMそして連動するWEB制作に従事。趣味はスポーツ観戦と海外旅行とライブ。宇宙や恐竜など壮大なものに惹かれ、わくわくします。

この著者の記事一覧 

SHARE