お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日本の女子じゃ物足りない? 男子が付き合いたい外国人女性「台湾女子」「ベラルーシ美女」……

ファナティック

美女近年は依然と比べ、異国間交流も手軽にできるようになりました。街を歩けば多国籍料理のお店が並び、外国人が経営するショップもたくさんあります。メディアで活躍する外国人も増えてきており、外国人の存在はより身近な存在になってきました。国籍を超えた恋愛も珍しくなくなってきた昨今、男性が付き合いたいのはどの国籍の女性なのでしょうか。社会人の男性に聞いてみました。

美人が多いと評判の国

・「ベラルーシ。美女の多い国だと聞いたことがあるから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「ロシア人。美人でスタイルいい人が多いから」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ミスユニバースの常連に挙がるような美人の多い国の女性と付き合いたいと考える男性は多いでしょう。一説によると、多くの人種の血が混ざりあった結果、美人が多く生まれる国になったという話もあります。人は人種を越えて世界的に平均の顔を美人と認識するのでしょうか。

性格のよさに期待

・「アメリカ。自立してそうでよいし、口が立ちそう」(34歳/情報・IT/技術職)

・「台湾。親日で見た目にも日本人とちがいがほぼないので」(36歳/機械・精密機器/技術職)

いくら美しくても性格がよくなかったら、一緒にいても楽しくありません。それぞれの国に特有の文化がありますが、その文化を受け入れられるならその国の女性との恋愛は楽しいものになるでしょう。

男の願望

・「ブラジル。グラマラスでお尻が大きいから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「アメリカ人女性。金髪の鼻の高い女性と一緒に町中を歩いて、まわりに自慢したい」(27歳/情報・IT/技術職)

自分の彼女をみんなに見せびらかしたい……きれいな彼女の存在は、いつの時代も男のステータスなのです。その願望を見事に叶えてくれる、グラマラスで美しい女性たちは、男性のあこがれの的です。

楽しい毎日を送りたい

・「イタリア。ラテン系でノリがよさそう」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「フランス国籍の女性です。おしゃれな服装ができそうだからです」(31歳/その他/その他)

自分の興味のあることをさらに突き詰めたい人は、ネイティブの魅力を求めがちです。人生を明るく生きたい、ファッションセンスを究めたい、何かを求めて日本人が移住するのは、それぞれの国にそれぞれの魅力があるからです。

外国人との恋愛は、さまざまな意味で視野が広がり、自分の人生が劇的に変化する可能性があります。日本人とはまったくちがう新たな価値観の発見にもつながり、その出会いが自分に与える影響は大きいでしょう。外国人に限ったことではありませんが、自分に新鮮な感動を与えてくれる人との付き合いは、生涯における財産になるにちがいありません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE