お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

働く女性の赤裸々告白! 今までに二股をしたことはある?⇒「ある:〇〇%」

大場杏

通勤列車で朝から元気な方を見る機会はそう多くはありません。特に東京の通勤ラッシュは、日本全国の新入社員全員に経験してもらいたいほど。そんな通勤するだけでもストレスのある環境にいる私たちを癒やしてくれるのは、エステ? ペット? 彼氏? 今の彼氏を愛しているけど、彼氏がひとりでは物足りない! もしくは、どうも惹かれて仕方がない相手が現れてしまった! そんな状況になった際、あなたはどのような選択をしますか?

Q.あなたは今までに二股をしたことがありますか?

 「ある」……5.9%
 「ない」……94.1%

良かった! 二股経験のある女性は5.9%という少数でした! しかし、気になるのが、その相手や時期などのエトセトラ……。もう少し詳しく見てみましょう!

■やっぱりオフィスラブはドロドロ?
・「4年付き合っていた人がいつつ、職場の人と。自分の結婚を機に終えた」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「会社の同期と、学生時代からの彼氏と。今現在進行中」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「元彼と会社の同僚など」(23歳/その他/事務系専門職)

単純接触効果の影響大! オフィスはもっとも恋につながりやすい場所のようです。そして、気づかないだけでさまざまな恋愛ドラマが起こっている場所。事件は会議室で起きてるんですよね。誰も知らないドキドキ感は恋愛を助長させるに十分すぎる! 職場なんてもっとも避けたい土壌ですが、ダメと思えば思う程深みにはまっていきそう……おそろしき欲望。

■メリットがあって別れられない
・「営業先の人と、受注をほしくて付き合ったけど、本当に好きな人が出来た。注文をくれるので別れたいけど別れられない」(27歳/電機/営業職)

夜のお姉さん方式ですね。(誤解があったらすみません!)利害が発生する場合は、エンドを見据えて行動しないとトラブルになりそうですね。勉強になります。

■真逆のタイプだから強烈に惹かれる。これもっとも選べない!
・「タイプがちがう人」(29歳/情報・IT/営業職)
・「別れたくてしょうがない彼氏と付き合ってる時に、もっとましな人と浮気してそっちに逃げた」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)
・「タイプのちがう人と付き合っていた。乗り換え時期の二股だったので、新旧入れ替えを行った。」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「強引に引っ張ってくれるタイプの男性と優しく癒やされるタイプの男性マンネリ化したところで、2人と別れて別の男性と付き合った」(30歳/医療・福祉/専門職)

「隣の芝生は青く見える!」とは言い得て妙。真逆のタイプはどうしても新鮮に映ってしまいますよね。そして、やはり女性は次を見つけてから別れる方が多いよう。三股になる前に清算するのも少し誠実に見えてしまう不思議(笑)二股でも三股でも、被るか被らないかはあなた次第!

■え、二股? その認識あまりなし!
・「元彼と新たに付き合い始めた彼氏」(26歳/運輸・倉庫/営業職)
・「遠距離恋愛していたので、近くの彼氏と遠くの彼氏」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「本彼といいなと思った男性」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

ランチでも注文してるかのようなサラッとしたコメントで、みなさん肝が据わってますね。そうでなければ務まりません! 元彼問題は「浮気」では度々みかけますが、二股の相手としては珍しいのではないでしょうか。その彼にインタビューしてみたいくらい不思議な関係性ですね。

かなり少数派だったアンケートですが、みなさん一度きりの人生を悔いなく選択してる様子が窺えました。逃したくないチャンスが目の前にあった場合、自分がどのような選択をするのか、一度身を持って経験してみたいものですね。

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の社会人女性)。

大場杏

編集ディレクター・ライター/医療系出版社で本を2冊担当。その後広告代理店にて商業施設や航空会社、外資系メーカーの広告・販促物全般、カタログ冊子、DMそして連動するWEB制作に従事。趣味はスポーツ観戦と海外旅行とライブ。宇宙や恐竜など壮大なものに惹かれ、わくわくします。

この著者の記事一覧 

SHARE