お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 あこがれ女性の条件

おいおい、勘弁してよ……。男性が嫌いな「食事に誘いたくなくなる女性」の言動4つ

ファナティック

気になる男性と食事デートをして、「次の誘いはいつかな……」なんて思っていたら、誘いが来ないまま終わってしまったことはありませんか? もしかしたらそれは、男性の嫌いな「食事に誘いたくない女性の言動」を知らず知らずのうちにやってしまっていたのかもしれません。その具体的な言動を、働く男性のみなさんに教えてもらいました!

■食べ方が汚い!

・「食べ方が汚い。もう誘わないレベル」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食べ方が汚い人。みっともないので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食べ方が汚い人は一緒に食事をしたくない。こちらの気分もよくないから」(32歳/情報・IT/技術職)

クチャクチャと音を立てて食べるいわゆる「クチャラー」は問題外です。ほかにも、食べこぼしが多かったり、食べ終わったあとにテーブルの上が散らかっていたりすると、一緒に来ている男性が恥ずかしい思いをしてしまいます。

■スマホばかりいじるな!

・「スマホを触ったりと、食事マナーがなっていない」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「食事中もスマホばかりいじっている」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「スマホばっかりいじっている人は楽しくない」(28歳/金融・証券/専門職)

食事デートは相手との会話を楽しむもの。それなのにスマホばかり触っていると相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。食事デートが終わった帰りにチェックするくらいにしておくのがマナーです。

■「奢られるのがあたりまえ」じゃない!

・「奢られて当然だと思っている」(29歳/その他/事務系専門職)

・「奢ってもらえるのがあたりまえ」(30歳/電機/技術職)

・「奢ってもらえるのがあたりまえと思っている。感謝もされないのだったら、誘いたくないから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

お会計のときに、お財布も出さずに店の外へさっさと出てしまうなど「奢られてあたりまえ」と思っている女性に対して、男性の怒りは収まりません。払う意思を見せるのはもちろん、感謝の言葉も重要です。

■好き嫌いが激しい!

・「好き嫌いが多い。お店選びで苦労するから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「好き嫌いが激しいと考えるのがめんどうだから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「好き嫌いが多い。食べられる場所が少ない」(30歳/農林・水産/技術職)

タイ料理は辛いからダメ、ベトナム料理はパクチーが苦手、など好き嫌いが多い女性も嫌われます。男性が「ここなら大丈夫だろう」と苦労して選んだお店で「これは嫌いだから食べられない」なんて言ったものなら、「めんどうくさい」と思われるのは当然です。

「食事に誘いたくなくなる女性の言動」について、男性からのさまざまな怒りの声が寄せられました。逆の立場になってみると、されたら嫌なことばかりですよね。男性との食事デートでは気を抜かず、マナーを守って楽しく過ごしましょう。そうしたら気になる彼から「次のお誘い」が来るかも……!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~39歳の社会人男性)。

みんなが読んでる人気記事 あこがれ女性の条件