お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はぁぁあ!?  思わず笑った口説き文句「世界中を敵に回しても……」←それどんな状況よ(笑)

ファナティック

拒否普通は口説かれたらうれしいものですが、「心の中で苦笑い」してしまった口説き文句ってありませんか? そういうイタい思い出は、ここで話してさっぱり忘れましょう! ということで、思わず笑ってしまった口説き文句を働く女性に聞いてみました。

実力アピール系

・「お金持ちアピールをされた時。向こうはアピールと思っているのかもしれないが、ゴールドカードをチラ見せしてきたり、かなり露骨だったのでこちらは少し引いてしまった」(24歳/食品・飲料/専門職)

ほかにも、学歴、仕事、実家自慢をしながら口説こうなんて、バカにされた気がするものです。男だったら肩書きやお金じゃなくて、ハートでかかってきなさい!

ナルシスト系

・「凄く素敵な景色の所でオレ様風に言われた。正直自己陶酔型なのかな……と冷めた」(32歳/不動産/専門職)

・「『落としていい?』といわれた」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「今まで沢山の女を傷つけたと、モテる罪な男であることをアピールされ、かっこわるかった」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

「もしかして自分に酔っている?」というのが見えちゃうと、どうリアクションしていいものか困ってしまいますよね。でももしかしたら彼は、どこかの世界に入り込まないと口説けない小心者なのかも。もし日頃から酔っているようなら改善は難しそうなので、遠巻きに観察しているくらいの距離感を保ちたいものです。

自信過多系

・「出会って1カ月ほどで、私のことはもう全部わかったから、好きだから付き合って。と言われて、全部わかる訳ないだろうと思った」(26歳/情報・IT/技術職)

もうなんでしょうかね……。人間なんて長く連れ添った夫婦でもすべてわかり合えないとも言うし、1カ月程度でこんなことを言っちゃう男性はのちのち、付き合いが大変そう。

ポーズで勝負系

・「ブサメンなのにカッコつけて片手をポケットに入れるポーズ」(32歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

この際、ブサメンかどうかは置いておいて……。目の前で気取ったポーズ(しかも昭和系)をされたら、まじめな顔を保つのは不可能です。

オリジナルで勝負できない系

・「ドラマのセリフそのままだった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「『夜景より君のほうがきれいだよ』。現実世界にも、言う人いるんだと思った」(33歳/運輸・倉庫/その他)

あぁ、やっちゃったって感じですね。オリジナリティゼロのどこかで聞いたセリフ。ちゃんと自分のことを思ってくれているのか心配になります。

今週のつっこみ大賞

・「『世界中を敵に回しても俺だけはお前の味方だから』……。どこで仕入れたんだ? と思った。世界中を敵に回すことってそうないよね……バカじゃないかと思った」(33歳/医療・福祉/専門職)

うっかりすると感激しちゃいそうなセリフですが、確かにそうですよね(笑)。世界中を敵に回すってどんな状況? 冷静に心の中で突っ込んだこの方、立派です!

爆笑モノの口説き文句、けっこうありました。とはいえ、ちゃんと自分の口で気持ちを告げた勇気は大切だとも言えます。そんな下手な口説き文句をかわいいと思えるかはあなた次第。付き合い出しはイマイチだったけど、しっかり幸せをつかんだカップルはけっこういるのですから。

(平メイ子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数240件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年06月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE