お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

え、ひどすぎる! 彼女に「結婚したい」と言われたとき、男たちが駆使する逃げ口実

ファナティック

赤い糸出産から子育てのことを考えて、「絶対にこの年までには!」と具体的に計画を立てていることでしょう。その年齢を目前としているのに、付き合っている男性が一向に結婚したいというそぶりを見せなかったら……自分から「結婚したい」と言ってしまうかもしれませんよね。二つ返事で受けてくれたら良いですが、中にはまったく結婚する気がない男性も。しかし、働く男性たちにアンケートをとってみたところ、彼らはそのことをはっきり言わずにはぐらかすことが多いようです。

結婚したい!と言われても、今は仕事が……

・「仕事に今は専念したいという」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「まだ仕事を頑張りたいという」(28歳/金融・証券/営業職)

・「今は仕事が忙しいという」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職

仕事を何かの免罪符だと思っているのでしょうか。仕事の忙しさを理由に、結婚はまだできない、とはぐらかす男性は多いようです。

結婚にはお金がかかるし……

・「経済的に難しいと話す」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「お金がないなど経済的な理由をだす」(28歳/金融・証券/専門職)

・「まだ結婚できるほどお金が溜まってないという」(28歳/自動車関連/技術職)

確かに、結婚にはお金が掛かります。新居に引っ越すだけでも大きなお金が動きますからね。そこを逆手に取って、お金がまだ溜まっていないことを理由に結婚を先延ばしにしたい、というニュアンスで伝えるそうです。

もうちょっと付き合いが深くなってから……

・「もう少ししたら……と言って先延ばしにする」(32歳/電機/技術職)

・「わざとらしくでも適当に話を逸らすか、いっそ『まだ早い』と言ってしまうか。相手の性格に合わせる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「もう少し付き合ってから色々決めていこうと先延ばしにする」(30歳/情報・IT/技術職)

・「結婚したくないなら付き合わないが、まだ時期じゃないという」(33歳/情報・IT/技術職)

もう十分、お互いのことを知り尽くしていても、「まだもうちょっと……」と伝えれば、彼女が仕方なく引くと思っているのでしょうか……。

彼に結婚を切り出したとき、上記のような反応が返ってきたら、そのときは、お互いの関係を見直すべきかもしれません。将来のことを真剣に考えてくれる、素敵な男性に巡りあいたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月にWebアンケート。有効回答数100件。社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE