お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋するまつ毛

あぁ、恥ずかしい! メイク初心者のころにやってしまった失敗談4つ

ファナティック

本格的にメイクをしはじめたころは、慣れない手つきでマスカラやアイシャドウなどを塗っていましたよね。今では「ナチュラルメイク」も余裕でできるようになった人も、当時はいろいろな失敗をしたことがあるのではないでしょうか。そんなメイクをはじめたころの失敗談を、働く女性のみなさんに教えてもらいました!

憎きパンダ目

・「アイラインが落ちてパンダ目のまましばらく歩いていた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「マスカラでパンダ目になったこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ダンスの発表会で、マスカラが汗で落ち、ひどいパンダ目になってしまった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

「メイクあるある」のひとつと言ってもいいくらい、女性を悩ませる「パンダ目」。いくらウォータープルーフのアイテムを使っていても、落ちてしまうときはありますよね。鏡を見て気づいたときには目のまわりが真っ黒……なんてことも。

眉毛アレコレ

・「眉毛を書き忘れた。薄っぺらい顔をしたのを会社で気づいてショックでした」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「眉を細くしすぎて、書くのも大変に」(32歳/その他/その他)

・「眉毛を書かずに外出してしまった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

とても多かったのが「眉毛問題」でした。書き忘れはもちろん、中には細くしすぎて書くのにひと苦労なんて人も。自眉が整っている人はいいですが、眉メイクがうまくいかないと顔の印象が台なしになることが多いですよね。

慣れないと難しいアイライン

・「アイラインがまだ慣れてなくてガタガタに。しかも、当時はそれでいいと思って出かけてた」(27歳/金融・証券/営業職)

・「アイラインがうまく引けず会社に遅刻しそうになった」(32歳/不動産/専門職)

メイク初心者が必ずぶつかる壁が「アイライン」。きれいに引くには慣れとテクニックがいります。会社に遅刻しそうになるくらいの時間をかけてメイクをがんばっているのは「女子力高め」ですね。

シャドウが濃すぎて●●みたいに

・「紫色のシャドウを重ね塗りしすぎて妖怪みたいになっていた」(28歳/金融・証券/営業職)

・「パープルのアイシャドウを塗りすぎて、殴られた? と職場の人に言われたこと」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ノーズシャドウを濃く入れすぎて、椿鬼奴と言われた」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

慣れていないと濃さの加減がわからない「シャドウ系」。アイシャドウは濃い青や紫などをつけすぎると、一気にケバくなってしまいます。ノーズシャドウも立体的な顔にはなるのですが、入れすぎると不自然すぎて浮いてしまうようです。

聞いてみたら出てくる出てくる数々の失敗談。メイクに慣れた今でこそ笑いに変えられますが、当時は死ぬほど恥ずかしい思いをしましたよね。みなさんはそんなメイクの失敗談、ありませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数184件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]