お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ジェーン・スーが喝! 「アラサー100人女子会」イベントレポ

水野久美(フリーライター)

同棲、結婚、出産……。人生の大きな選択肢の連続に、アラサー女子の悩みは尽きませんよね。そんな同世代のリアルな結婚観を描く映画『グッド・ストライプス』と、マイナビウーマンのコラボによる試写会&トークイベント「アラサー100人女子会」が、5月20日(水)に開催。トークショーでは、作詞家・コラムニストのジェーン・スーさんと、本映画の監督である岨手由貴子さんが「結婚にまつわる悩み」にズバッと答えてくれました!

岨手由貴子監督(写真左)とジェーン・スー(写真右)

映画『グッド・ストライプス』は、交際4年が経ち、倦怠期を迎えるカップルの緑(菊池亜希子)と真生(中島歩)の間に思わぬ妊娠が発覚し、価値観のまったくちがう2人が結婚に向かうまでの心情をリアルに描いたラブストーリー。

現在、一児の母でもある岨手監督は、4年前の脚本執筆時には「結婚の予定も彼氏もいない状態」だったそうで、「ちょうど“婚活”や“負け犬”という言葉が流行りはじめて、世間がプレッシャーをかけるような結婚のイメージに疑問があったんです」と、本作の誕生秘話を披露。一方、自称“未婚のプロ”でもおなじみのジェーンさんは「キラキラしていないからこそリアリティがあって突き刺さりました。結婚したらこうあるべき、というものがなく、“低体温”なところがよかった」と、気張らない結婚観が新鮮に響いたそう。

トークショーの後半では、イベント参加者から募った「結婚にまつわる悩み」に2人が絶妙なアドバイスをするコーナーも。「結婚前に同棲すべきか」という悩みに対して、岨手監督は「同棲するなら結婚の約束をしてからのほうがいい。入籍する意味やタイミングがなくなるし、こじれたらお金もかかりますから(笑)」と、現実的な意見を。ジェーンさんも「とりあえず2人で生活してみたら、『彼の結婚願望が出てくるかも……』みたいな、甘い考えはやめたほうがいい」とキッパリ断言!

また、「お金のことを考えると、本当に好きな人と結婚するのは難しい」という悩みに対して、ジェーンさんは「日本は成熟社会ですから、これからは両方が稼がないと。相手のインカム(収入)だけに頼る親世代と同じことはムリ! 好き・嫌いと、お金を持っている・持っていないは別の話。それより、自分が稼げるように努力したほうがいい」と一蹴し、岨手監督も「結婚したから安泰ってわけじゃないですよ。離婚したり、旦那さんが急に死んだり、介護が必要になるかもしれないし、孤独の可能性は変わらない」と、結婚がゴールではないことを示唆していました。

さらに「自由を犠牲にしてまで結婚できない」という悩みには、「今が楽しいなら無理して結婚する必要はない」と2人とも同意見。また、「彼がプロポーズしてくれない」という悩みに対して岨手監督は「相手に何も期待しないと、意外とプロポーズされるかも」と話し、大ファンだというジェーンさんの著書『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社刊)を読むようにアドバイスも。ジェーンさんも「親しい女友だちにしないことは彼にもしない、というルールは私たち(未婚のプロ)が戦地から持ってきた家宝です」と、会場を沸かせていました。

最後に、岨手監督は「女性はいろんな道を選べるし、選んだ自分次第で楽しくなります。もっとラフな選択ができることを感じてほしい」と、心強いメッセージを送ってくださいました。

5月30日(土)より公開の映画『グッド・ストライプス』は、結婚に悩めるアラサー女子の頼もしい味方になってくれるはず!

『グッド・ストライプス』

5月30日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開
http://good-stripes.com/

(水野久美)

※この記事は2015年05月28日に公開されたものです

水野久美(フリーライター)

フリーライター。トラベル系。愛知県出身。編集プロダクションで旅行情報誌の取材撮影、執筆を経てフリーに。バックパッカー女子ひとり旅で世界30ヶ国以上を放浪。現在は、旅関連の書籍やコラム執筆などを手がける。著書に『いつかは行きたいヨーロッパの 世界でいちばん美しいお城』(大和書房)など。●Webサイト(http://kumi.me

この著者の記事一覧 

SHARE