お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ワイドパンツと一味ちがう! 今年注目のガウチョパンツの履きこなしは?

さとうまほ/Pistachio

2015年はミモレ丈スカートをそのままパンツにしたような「ガウチョパンツ」がヒット中。実は、昨年秋ごろからすでに「Oggi」や「GINGER」などの女性ファッション誌に取り上げられ、話題となっていたんです。でも、存在感のあるアイテムだけに、着こなしが難しいのでは? コーディネートのコツをスタイリストの安永さんに教えてもらいました。

なぜガウチョパンツがトレンドに?

「昨年からワイドパンツが注目されていた中、ミモレ丈スカートが流行し、シルエットの似たガウチョパンツに視線が集まった様子。落ち着いた着丈のため取り入れやすく、人気が出たのではないでしょうか」(安永さん)

また、最近はやわらかいカットソーをはじめ、さまざまな素材を使ったタイプも増えているのだとか。人気にともなって、アイテムとしての幅が広がっているようです。セレブ系のエレガンスカジュアルやスポーティカジュアルなど、場面を選ばず使えることもトレンドの理由のようですね。

この夏マストなガウチョパンツ [DHOLIC/レーヨンガウチョパンツ 税抜き7,360円 http://bit.ly/1Bfu8rt]

この夏マストなガウチョパンツ [DHOLIC/レーヨンガウチョパンツ 税抜き7,360円 http://bit.ly/1Bfu8rt]

今年マストなガウチョパンツの特徴

今話題のガウチョパンツとこれまでのワイドパンツ、違いは丈の長さです。ロングではなく、ひざ下あたりのミモレ丈なのがガウチョパンツの最大の特徴。同じような着丈でも、スカートのような幅広ガウチョから少し細身のガウチョまで、さまざまなシルエットの商品が出ているそう。その日のスタイルによって使い分ければ、オシャレ上級者になれること間違いなし!

人気カラーは黒やグレー、白など着回しのきく定番色。さらに今年は柄物など、バリエーション豊かな商品展開が見込まれるとの噂も!

着回し力の高い白のガウチョパンツは、一枚はもっていたい![DHOLIC/レーヨンガウチョパンツ 税抜き7,360円

着回し力の高い白のガウチョパンツは、一枚はもっていたい![DHOLIC/レーヨンガウチョパンツ 税抜き7,360円 http://bit.ly/1Bfu8rt]

野暮ったく見えるのはイヤ! ガウチョパンツの注意点は?

ボリューミーなガウチョパンツは、一見使い方が難しく見えがち。気軽に着こなすポイントは、全身のバランス調整。トップスをコンパクトなアイテムにするか、ボトムインして着るだけで、日常使いコーデに変身できちゃうんです!

また、足元は基本的にヒールがマスト。女性らしさをプラスしつつ、スタイルアップが期待できます。スポーティーにまとめたいときは、ローカットスニーカーかスリッポンを持ってきて。力の抜けた、こなれたイメージになります。同じスニーカーでもハイカットを合わせると、足元にもたつきがでてしまい野暮ったくなることも……。大人女子のスポーティミックスを目指すなら、避けたほうが無難です。

スタイリストさんおすすめコーディネート

旬な着こなしのポイントは、トレンド×トレンド! 70年代風の花柄ブラウスとデニムのガウチョといったように、トレンドアイテムを組み合わせましょう。またおすすめは、人気の続くオールホワイトコーデ。ボリューミーなガウチョパンツも、白なら軽やかな雰囲気に仕上がります。春夏ならではのナチュラル素材と合わせれば、より爽やかな印象に。

大人なオールホワイトコーデには、パンツスタイルが一押し

大人なオールホワイトコーデには、パンツスタイルが一押し

デニムガウチョを使えば、一気に70年代トレンドコーデに

デニムガウチョを使えば、一気に70年代トレンドコーデに

(さとうまほ/Pistachio)

※この記事は2015年05月28日に公開されたものです

さとうまほ/Pistachio

クリエイティブユニット・Pistachioに所属。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、一般企業に勤務。紆余曲折を経ながらも文筆業への夢を諦めきれずライター業に挑戦、今に至る。現在はファッション、フードなど女子にうれしい分野をメインに執筆。分野にこだわらないオールマイティーなライター目指して、趣味のお酒に溺れながら日々奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE