お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まだ使えるけど……! 女性が寝具を買いかえたくなる瞬間4つ

ファナティック

寝具のかえどきを見極めるのって難しいですよね。毎日使っていたから愛着もあるし、使おうと思えば使えるし……。さらに寝具は大きいため、捨てるにはちょっとした決断が必要に。では働く女性のみなさんは、どんなときに思い切って寝具をかえようと思うのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

■引っ越しを機に

・「引っ越しした際。新しい部屋の雰囲気に合わせた寝具がほしくなるので」(23歳/その他/事務系専門職)

・「引っ越すとき。引っ越し先に持っていくよりも処分して新しいものがほしいと思うから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ほかの粗大ゴミも一緒にたくさん出る引っ越しは、寝具をかえる一番いいきっかけですよね。新居に合った色柄の寝具をそろえられるのはもちろん、新しいふわふわの布団で寝れば気分も一新。新しい生活がはじまる予感でワクワクしてしまいます。

■季節の変わり目

・「春とか季節の変わり目。お店でかわいい寝具をみると買いたくなる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「季節が変わったとき。その季節にあった材質や色柄にかえたくなる」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

季節の変わり目も新しい寝具がほしくなる季節ですよね。特にかえたくなるのが、だんだん暑くなってきた時期。この時期はひんやり涼しい寝具につい見入ってしまいます。また季節に合った材質や色柄の寝具に変えれば、うっとうしい季節を快適に過ごせそうです。

■布団がぺちゃんこ・においが気になってきたら

・「布団はぺちゃんこになってきたと感じたら。シーツ等は気まぐれ。夏なら冷たく感じる商品でいいのがあったら、冬場なら逆」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「梅雨の時期に、洗ってもにおいが取れないとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

さすがに替えないと……と思うのが、寝具がぺちゃんこになってきたときやにおいが気になってきたとき。これを感じたら、さすがに替えざるを得ません。ただ慣れのせいか「来月でいいや」「もう少し我慢しよう」になってしまうことも!? 慣れって怖いですよね。

■いいことがない、もしくはいいことがあったときに

・「安眠できないと感じたとき。いいことがなくて気分一新したいとき」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「色柄に飽きたとき。へたってきたとき。新しく恋人ができたとき。クリーニング代とてんびんにかけて買ったほうがお得だと感じたとき」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いいことがなくて気分一新したいとき。もしくは恋人ができる等、いいことがあったときも寝具のかえどきのよう。特に新しい恋人ができたときは、早急に寝具をかえたくなる時期ですよね。「新生活セール」よりも「新カップルセール」のほうが寝具屋さんももうかりそう!?

物が大きいためなかなか捨てられず、ついつい使い続けてしまう寝具。たださすがにこれは……と思ったら、思い切ってかえてみるのもいいかもしれません。新しい布団のふわふわ感は幸せだけでなく、しっかりした睡眠で日々の元気もくれます。あなたもそろそろ交換してみては?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数230件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年05月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE