お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「浮気した彼」と「浮気相手の女」 Q.女子はどっちに腹が立つ? 結果は8:2で……

ファナティック

怒りの矛先男は浮気するイキモノなどと言いますが、付き合っている女性の身としては「そんなの言い訳にしないでー!」と言いたくなりますよね。そして、浮気しちゃう男性がいるのもまた事実……。彼の浮気に腹を立てたことがある人も少なくないはずです。しかし、その怒りの矛先は、浮気した彼氏、浮気相手の女性、どちらに向けられるのでしょうか?

【男より女の嘘がエグい!? 胸をナイフでえぐられた恋人の嘘「女友だちと旅行」⇒「本当は浮気」】

Q.恋人が浮気をした場合、どちらの人により腹が立ちますか?

「恋人」……82.5%
「恋人の浮気相手」……17.6%

働く女性に聞いてみたところ、怒りの矛先が「恋人本人」に向くと答えた人は8割強いましたが、「浮気相手」と答えた人もいました。ではまず、恋人を選んだ人の意見から見ていきましょう。

<「恋人」派の意見>

私の存在を忘れたの!?

・「私という存在がいながら、どういうこと!?ってなると思う」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「自分がいても浮気したから」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「信じていたのに裏切ったのは恋人だから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

自分という恋人がいたのに、その存在、気持ちのことを考えない行為に一番腹が立ちますよね。バレなければいいだろう、とでも思っているのでしょうか。

誘惑にのったのはアナタでしょう!?

・「浮気をした彼氏自身のモラルがどうかと思うから」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

・「相手が誘ったにしろのったのは恋人だから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「外野がどれだけ誘惑しようと、それについていく恋人のほうが許せないから。信頼がなくなるから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

彼女がいると知ってか知らずか、誘惑したかもしれない浮気相手よりも、その魅力にころっと転がってしまった彼に腹が立つ、という女性たち。その言葉、ごもっともであります。

少数派ではありますが、「浮気相手」に対して怒りの矛先が向くと答えた人たちの意見も見ていきましょう。

<「恋人の浮気相手」派の意見>

同じ女だからこそ許せない

・「同性にはなぜか殺意を感じる」(27歳/電機/営業職)

・「女の敵は女だから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「同性に怒りが向いてしまうと思う」(33歳/金融・証券/販売職・サービス系)

この理由に、理由らしい理由はないのかもしれません。同族嫌悪なのでしょうか? 本能的に同性に牙をむく人もいますよね。

私のポジションを奪ったことが許せない!

・「そいつが恋人を誘惑したんじゃないかと思うから」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「人の居場所を奪ったから」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「奪われた気がして腹が立ちます」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

彼が乗りかえた、というよりも、浮気相手が自分を追い出したという認識なのでしょう。今まで幸せだった彼の隣のポジションを、いきなりとられたら、それは誰だって腹が立ちますよね。

女性たちの怒りの矛先、人それぞれ理由がありましたが、いかがでしたか? 「浮気されるほうが悪い」なんて浮気相手や恋人に開き直られないように、常に魅力的で、彼をドキドキさせる女性でありたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月2日~16日にWebアンケート。有効回答数245件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]