お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

約4割の男子が「嫌い」と回答! 紫外線をためらう“日傘女子”についての意見→→→

ファナティック

日傘女子暖かくなってきて日差しが強くなってくると気になるのが紫外線。可能な限りシャットアウトしたいという女性も多いのではないでしょうか。これからの季節は日傘が大活躍しますが、日傘を使う女性に対して社会人の男性はどう感じているのか聞いてみました。

Q.紫外線を気にして日傘をさす女性は、どちらかといえば好きですか? 嫌いですか?

好き 62.0%
嫌い 38.0%

6割を超える男性が、日傘をさす女性を好きだと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

まずは、「好き」と答えた男性の意見から……

女性ならではの美意識

・「肌の手入れを怠っていないし、美容の知識もあるからの行動であり、称賛に値するから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「努力がみえるから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ちゃんと予防できることを実行してるので」(29歳/医療・福祉/専門職)

できる予防策を実行せずに「焼けちゃったぁ!」と嘆くよりは、初めからしっかりと対策をしている女性のほうが好感度は高いようです。美意識が高い女性に対して尊敬の気持ちを持っている男性も多くいます。

女性らしさが際立つ

・「女性らしくて清楚な感じがするから」(30歳/情報・IT/技術職)

・「神戸のお嬢さんみたいだから、かわいい」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「女の子らしいし、肌のことを気にしてるからとてもいいと思う」(27歳/情報・IT/技術職)

紫外線の影響うんぬんよりも、日傘をさしている女性の姿そのものが好きという男性の意見です。砂浜で小麦色の肌を見せつけながら遊ぶ女性とは対照的な、清楚で上品な魅力があります。顔が日差しを遮る傘の影になっている様子は、情緒さえ感じさせます。

つづいては、「嫌い」と答えた男性の意見……

そこまで気にしなくても

・「日差しを気にしすぎて、外出する楽しみを忘れてしまっているんじゃないかと思うから」(32歳/小売店/・事務系専門職)

・「ほどほどならいいが、あまりにも気にしていると引く」(38歳/情報・IT/技術職)

・「気を使いすぎてそうで怖いから」(38歳/情報・IT/技術職)

美意識の高さを気にしすぎと捉える男性もいます。特に紫外線をあまり気にしない男性はそう感じるのかも。日傘のみならず、アームカバーやサングラスなど、完全防備の女性とは一緒に外出することを楽しめないと考えるようです。

幅を取りすぎ

・「歩いていて邪魔になるときがあるので、迷惑ですよ(笑)」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「その人の周囲を歩くときに気を使うから」(22歳/その他/その他)

日傘をさしていると単純に幅を取ります。特に混雑する駅周辺や交差点などで急いでいるときは注意が必要です。晴れている日でも雨の日と同じように気をつけなければいけないという点が気になる男性も多いようです。

個人差はありますが、紫外線が肌におよぼす影響についてはさまざまな研究結果が発表されていますが、好んで浴びるべきものでないことは確かです。日傘は日射病の予防にも効果があるので、周囲の迷惑にならないよう気を付けながら上手に使いたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月1日~15日にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年05月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE