お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

離れて歩きたい! 女性が思わずダメ出ししたくなる、彼氏のデートファッションとは?

ファナティック

女性のデート服に意見する男性はいますよね。でも、彼らだってたまにヘンなファッションに身を包んで登場しませんか? 今回は女性が思わずダメ出ししたくなる、彼氏のデートファッションについてまとめました。

■そのピンクはダサい!

・「ピンクのパンツをはいてきたときは思わず、ヘンだと言いました」(31歳/その他/その他)

・「ピンクのジーンズ。ダサかった」(27歳/電機/営業職)

・「上下ピンクのTシャツとハーフパンツ。ダサかったから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

おしゃれ上級者向けなイメージのあるピンク。ダサい着こなしをしているとピンクに負けた感がありますね。

■派手すぎる色づかい

・「裏地が赤のサテンのジャケット」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「ストライプのシャツに、チェックのパンツ。目がいたくなりそうな組み合わせだから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「柄シャツに柄ズボン。派手すぎ」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

原色や派手な柄物など、目にやさしくない色の組み合わせで来られると困惑しますね。

■TPOに則していないファッション

・「高級フレンチにスニーカーで行こうとしたとき」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「キャラクターがプリントされた服。デートにそれ?!みたいな感じで軽くつっこんでおいた」(31歳/不動産/専門職)

・「暑い日にコートとブーツ。おしゃれなのはわかるけど季節感がなさすぎる」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

プライベートなら多少ラフな格好でもいいでしょうけれど、そのままドレスコードのある場所へ行くと恥ずかしいかも。

■全身同系色のコーディネート

・「全身青コーデ。痩せたドラえもんに見えたから」(22歳/商社・卸/事務系専門職)

・「グレーのフリースとグレーのインナーのときは、ちょっとデートなのに暗すぎると言ったことがある」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「全身黒でお葬式ファッションだったとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

色調を統一するのはおしゃれのテクニックですが、あまり差のない配色にすると大失敗するようです。

女性が思わずダメ出ししたくなる、彼氏のデートファッションを見てきました。いかがですか? 人ごとだからよかったようなものの、自分の彼氏が信じられない服を着てくることもありえます。そうならないよう、おしゃれには気をつけておきたいですね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年4月3日~13日にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE