お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やめときゃよかった! SNSで体験した恋愛失敗談「サブアカがバレバレ」「浮気疑惑」

山中絵練

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

今や毎日に欠かせないツールのひとつであるTwitterやFacebookなどのSNSサービス。そこから生まれる恋もあれば、使い方次第では散ってしまう恋もあります。今回はそんなSNSが原因で起きた恋愛失敗談を、働く女性に聞いてみました。

言いたい放題

・「イジられキャラの彼をTwitter上でしつこくイジって遊んでいました。彼もそのノリに乗ってきて、周囲の友人も私たちのやりとりをおもしろいと言っていました。でも、ある日彼から『もう耐えられない!』とフラれてしまった」(23歳/保険)

顔が見えない分、相手の本当の反応もわかりにくいので、注意したいですね。

見せられないサブアカがバレた

・「普段のアカウントとは別に、Twitterでサブアカウントを持っている。彼氏が知らないことをいいことに下ネタばかりをどんどんつぶやいていたら、なぜか彼に見つかってしまい……。結局、それが原因で別れた」(23歳/サービス)

彼氏の知らないサブアカだから大丈夫だと思っている場合でも、ちょっとしたことで意外にバレてしまうものです。

これって浮気?

・「共通の友人のタイムラインから彼の名前がタグ付けされていた写真を発見。知らない女の子と密着している彼の姿を発見し、一気に冷めた」(26歳/医療)

・「彼が元カノと頻繁にTwitterでやり取りをしているのを見て以降、モヤモヤした気持ちになり結局別れてしまった」(23歳/団体)

自分の知らない異性とのやり取りや、過剰なコミュニケーションを垣間見てしまうと、やっぱり不安になってしまうもの。つかず離れず、SNS上では彼氏と適度な距離感を保つことが必要なようです。

誤解されてしまった!

・「Twitterで『◯◯に早く会いたいな』『今週は◯◯に会うためにがんばる!』などと好きな俳優さんへの愛をつぶやいていたら彼氏がいると勘違いされてしまい、好きな人から距離を置かれてしまった」(24歳/IT)

・「大好きなアニメキャラの誕生日。気合いを入れて作ったバースデーケーキの画像をアップしたら、浮気をしていると勘違いをされてしまった」(27歳/医療)

SNSは自分の好きなことを発信するもの。ただ、まわりから見て誤解されたりする発言は考えものです。

SNSは見たい情報も見たくないものもすべて流れてくるため、余計なことで気を揉むことも多くなりがち。恋愛では誤解を生むケースが出てきてしまうようです。みなさんも思い当たるエピソードはありませんか?

※画像と本文は関係ありません

(山中絵練+プレスラボ)

山中絵練

Concent所属の編集・ライター。専門学校を卒業後、編集プロダクションに入社したものの即退社。イラストを描いたりなんだりしているうちに今に至る。カエルとトイレと緑色をこよなく愛する隅っこ系。カルチャー誌を読むのが好きで、ついつい買い込んでしまうのが悩み。「できるオンナ」に憧れます。

この著者の記事一覧 

SHARE