お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女の顔整形に反対する男性は79.1%! でも、「ぎりぎりセーフかも」と思う手術2位は「二重まぶた」、1位は?

ファナティック

以前「彼女の顔整形」について、男性意見を調査したところ、8割近くの男性が反対するという結果になりました。しかし女性としては、「どうしても……!」というケースもありますよね。反対なのはわかっているけれど、もし許せるとしたら、どこまでがOKライン!? 男性がギリセーフだと思う、整形メニューを調査してみました。

Q.彼女がどうしても顔整形したい場合、「これならぎりぎりセーフ」と思う手術は?
第1位「プチシワ取り」……50.0%
第2位「二重まぶた」……39.5%
第3位「小顔整形」……8.1%
同率3位「鼻を高く」……8.1%
第5位「フェイスライン」……5.8%
※6位以下省略、複数回答可

半数の男性が「まぁこれなら……」とOKを出しやすいのが、「プチシワ取り」のようですね。それぞれを許せる理由も調査しました。

■第1位「プチシワ取り」

・「しわを少しのばすぐらいなら……辛うじてって感じですが」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「しわは永遠のテーマだし、ないほうが理想だから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「シワやシミ取りなら美容に近いので」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

多くの男性が渋々OKを出してくれそうなのが、「プチシワ取り」です。老化に悩む女性にとっては、救世主となってくれそうですね。説得も比較的容易かもしれませんが、「たぶんもとに戻るから」(32歳/自動車関連/事務系専門職)というリアルな意見もありました……。

■第2位「二重まぶた」

・「手術しなくても二重になる方法があると聞いたので」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「一重はかわいそうだと思うから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

顔の印象を決定づけるのが、女性の目元。近年人気が高いのは、パッチリ華やかな二重まぶたですが……理想を手に入れるのは簡単ではありません。「プチ整形の代表」的な雰囲気もあり、「毎日メイクでがんばるくらいなら」と思う男性も多いようですね。

■第3位「小顔整形」

・「顔のベースは変わらないので」(29歳/医療・福祉/専門職)

顔の中身をいじるわけではないので、なんとか許せるかも……と考える男性の意見です。実際にはかなり印象が変わりそうですが、彼を説得する際には、こんなセリフが便利かも!?

■同率3位「鼻を高く」

・「可愛くなるかもしれないから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

鼻を高くして、鼻筋がすっと通れば、美人度もアップ! 整形に抵抗があっても、その「完成形」にフラッとしてしまう男性も多いようですよ。

■その他……こんな意見も

・「ない。整形にセーフなんてねえ」(27歳/通信/技術職)

・「事故などの変形箇所。もとに戻す以外は反対」(30歳/電機/技術職)

最後に紹介するのは、非常に手厳しい意見です。整形に「ギリギリセーフ」のラインなんて存在しない! もしも彼氏がこんなタイプなら……潔く諦めた方がいいでしょう。

整形には反対!としながらも、手軽で美容感覚に近いメニューであれば渋々OKを出してくれる男性も多いことがわかりました。アラサー女性にとっては、強い味方である「プチシワ取り」。ぜひ、彼氏を説得してみては!?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年4月8日~20日にWebアンケート。有効回答数86件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE