お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

普段は聞けない男子の本音! 「彼女のセンスで選んだプレゼントはイヤだ」約4割も

ファナティック

女性からのプレゼント彼女からのプレゼントは何だってうれしいという男性は多いですが、趣味のちがいなどで素直に喜べないということもありそう。今回は、洋服をプレゼントしてもらうなら「自分で選んだもの」か「彼女が選んだもの」か、どちらがいいのかを聞いてみました。

Q.彼女から洋服をプレゼントされるとしたら、どちらがいいですか?

「自分がほしい洋服をプレゼントしてもらう」41.0%
「彼女のセンスで選んだ洋服をプレゼントしてもらう」59.0%

彼女のセンスで選んだ洋服のほうがうれしいという男性が約6割。彼女のセンスを信用しているのでしょうね。では、それぞれの回答ごとにそう思う理由を聞いてみましょう。まずは「自分がほしい洋服」をプレゼントしてほしいという男性からです。

好みが合わなかったら着られないから

・「私、好みがかなり偏っているので、せっかくもらっても着ないと申し訳ないので」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「結局、好きな服しか着ないので」(34歳/商社・卸/営業職)

・「いらないもの渡されても、互いに不幸じゃん」(27歳/通信/技術職)

自分のセンスに合う洋服しか着ないので、彼女からもらったものが合わなかったら着られなくて申し訳ないと思ってしまう男性も。気持ちはうれしいけれど無理をして着る気にはなれないということですね。

気に入らなかったときのリアクションに困る

・「好みではない物だったときに、うれしいリアクションができないから」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

正直、好みではないなというときにどういうリアクションをすればいいのか迷うので、自分で選びたいという男性もいるようです。表面的に喜んでいるふりをしてもバレてしまうかもと思うと難しいところですよね。

では、「彼女のセンスで選んでほしい」という男性の意見も聞いてみましょう。

彼女のセンスを信用しているから

・「一生懸命選んでくれたのであれば、うれしいし、自分で選ぶよりもセンスがイイかも知れないから」(27歳/自動車関連/技術職)

・「そっちのがオシャレだと思うから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分はファッションのセンスがいまいちないので、相手に率先して選んでもらったほうがうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)

彼女のセンスが信用できるのでおしゃれなものをもらえるはずと思う男性もいます。自分があまりセンスがよくないという男性なら、なおさら彼女にお任せしたくなるのでしょうね。

気持ちだけでうれしい

・「選んでくれる気持ちがうれしいから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「サプライズ的な感じがほしいので」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分のことを思って選んでくれたと思うので、喜んで着たい」(23歳/機械・精密機器/営業職)

何が似合うかを一生懸命考えて選んでくれたと思うとそれだけでうれしいという男性は多いようです。サプライズとしてもそのほうが演出効果はありそうですね。

彼女が自分のことを考えながら選んでくれた洋服だったら多少好みに合わなくても気にならないという男性もいますが、そもそも彼女のセンスを信用しているので安心できるという人も多いようです。そういうセンスが合うというのも恋人同士の共通点なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月2日~16日にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE