お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女ヅラすんな! 女友だちが自分の彼氏にしたら敵認定してしまうこと3選

ファナティック

何を考えているのか、人の彼氏に平気でちょっかいを出してくる同性の友だちの話を聞いてたことはないですか? たまに、極度の男好き、人のものがほしくなってしまう性質の女性っているんですよね……。そんな女友だちたちは、彼にどんなことをしたのか、詳しく教えてもらいました。

■なんで体に触るの?

・「ボディタッチが多い」(25歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)
・「少し人が多いところで、腕とか軽く触る」(26歳/小売店/秘書・アシスタント職)
・「なぜかいつも絡んできて、腕をつかんだりお腹をパンチしたりスキンシップをしてくる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ボディタッチというのは愛情表現のひとつであり、また男性を「この子、俺のこと好きなのかな?」と意識させるアプローチのテクニックでもあります。同性ならわかっていることを、彼女の前でやるなんて、度胸がありますね……。

■妙に親しげ

・「彼氏が女友だちと親しげに下の名前で呼び合っているのを聞いてモヤモヤした。ただの嫉妬だけど嫌な気分だった」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「馴れ馴れしい」(33歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「あまりにも親しそうだと嫉妬してしまう」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

あくまで彼女は自分なのに、目の前で彼と女友だちが意気投合していたら、思わず嫉妬してしまうのも当然のこと。女友だちも気づかえるタイプの人なら、実際に彼と親しくても、決して彼女の前ではしないでしょう。

■なんで私の前で口説こうとしているの!?

・「露骨に色目を使ってる感じがしたとき、自分を魅力的に見せようとしてるのだろうけど、自分の前でそういうことされるといい気はしない」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「彼を女友だちに紹介したときに、普段と態度や声が変わったのを見たとき」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「みんなで出かけるときに、隣を陣取られた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

こんなことをされたら「ケンカを売られているのかな?」と思ってしまいますよね。こんなことをする人とは、友人関係なんて続けられません……。

女性たちが遭遇した女友だちの彼に対する所業、ゾッとしますね……。どんなに「友だちとして接しているだけ」と説明されても、不安感は消えないし、疑心暗鬼になってしまいそう。「この子危険かも」という女友だちには、極力彼を会わせないように気を付けましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE