お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子に聞いた! 彼と好みがちがう場合、彼好みのファッションに変身できる?⇒「できる:○○%」

ファナティック

人生の楽しみでもあるファッション。自分の好きなものを着て街を歩くのは、まさにオシャレの醍醐味ですよね! でも、そんなファッションがもし彼好みのものじゃなかったとしたら……。あなたは彼の好みに変身する? しない? 調査してみました。

Q.自分のファッションが彼の好みではない場合、彼の好みのファッションに系統を変えますか?

 「変える」……26.0%
 「変えない」……74.0%

「変えない」と回答した人が7割以上と多い結果に。やはりみなさん、自分のファッションにはこだわりが強いみたいです。では、まず「変えない」と答えた人の理由を聞いてみましょう。

■イチから揃えるのは面倒

・「お金がかかるから簡単じゃないし、自分らしさは貫きたいので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「服とか全部変えるのが面倒だし、結局、彼がいないと服も買えないので」(27歳/金融・証券/営業職)
・「そのたびに変えていたら疲れてしまうから」(33歳/医療・福祉/専門職)

今までとはまるっきりちがうファッションを求められると、それに応えるにはすべて買いなおさなくてはならないという問題が。そこにお金をつぎこむのは割に合わないと考えている人が多いよう。

■私は私!

・「自分は自分! 長く一緒にいる気があるならそこも受け入れてほしい」(27歳/団体・公益法人・官公庁)
・「自分に似合うファッションは自分が一番わかっているので」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「彼の好みが自分でもアリだなと思えば別だが、ファッションで自分のテンションも上がったりするので、そう簡単には変えられない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

彼好みではなくとも、自分が好きなものを着る。他人にすぐ流されない強い意志を持っている人が「ファッションを変えない」と回答しているみたいですね。ただ、自分の中でアリなファッションならちょっとは考えてみる価値あり?

続いて、「変える」と答えた人の意見です。

■彼にかわいいと思ってもらいたい

・「隣を歩いていて似合うようになりたいから」(28歳/食品・飲料/技術職)
・「多少は意識する。好感を持ってもらうため」(25歳/電機/事務系専門職)
・「彼にかわいいと思ってほしいから」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

大好きな彼に「かわいいね」と言ってもらうためなら、彼好みのファッションを選ぶという人も。彼に好きだと思ってもらいたいという、いじらしい努力が見えます。

■やや彼の「好き」に寄せる

・「可能な範囲でちがう服装を提案してみる。無理なら仕方ない」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「彼が気に入っているものなら信頼できるから」(27歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「すべては変えないけど、相手の好みを少しでも取り入れたいから」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

すべてイチから揃えなおすのではなく、小物やトップス・パンツだけなど、自分がいつも着ているものとミックスできてファッションの幅が広がりそう。センスのいい彼に選んでもらったら、さらにオシャレを追求できると肯定的な意見も。

完全にファッションを変えるのは、たしかに難しいところがありそう。でも、一緒にお店をまわったり、彼好みのテイストを取り入れたりしてみると、新しい発見につながるかもしれませんね。無理しない範囲でオシャレを楽しみたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数223件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年04月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE