お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コレは別れるわ……。嫉妬深い彼のうんざりエピソード4選「俺と仕事とどっちが大事なの?」

ファナティック

友だちと恋バナをしているときに、「彼の束縛が強すぎて……」という話を聞いて、ちょっとうらやましく思ったことはありませんか? でも実際に、彼の嫉妬がひどくてケンカばかりしていることも……。そこで今回は、彼の嫉妬が原因でケンカしたことがあるかどうかを、働く女性のみなさんに聞いてみました!

Q.彼の嫉妬が原因でけんかをしたことがありますか?

 「ある」……11.4%
 「ない」……88.6%

ほぼ9割の人が「ない」と回答しました。お互いを束縛せずに、信頼できている証拠ですね。一方で、「ある」と答えた人の意見も気になります。早速エピソードを聞いてみましょう。

■俺と仕事、どっちが大事なの?

・「仕事を最優先して彼とは気が向いたら会う、というスタンスだったので、『俺と仕事とどっちが大事なの?』と言われた。『当然仕事』と答えてしまったので泣かれた」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「家族や友だちとの予定を入れたときに、不機嫌になった」(24歳/医療・福祉/専門職)

「私と仕事、どっちが大事なの?」は女性のセリフかと思っていましたが、男性でも言うとは驚きです。仕事はもちろん、家族や友だちとの予定を優先したときにケンカになることが多いようですね。

■趣味のことでケンカ!

・「私がフェスに行くと言ったら『君が心配』など、それらしい理由で拒否してきた。実際は、自分の知らないところで私が楽しくやるのが許せないだけなんだとわかった」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「好きなアーティストのファンを辞めろと言われケンカに。最終的に『彼氏よりそのアーティストのほうがずっと長く好きだし、生きがいを辞めさせる権利はお前にない』と言った」(24歳/情報・IT/技術職)

なかなかハードなケンカに発展したエピソードです。趣味を否定されたら嫌な気持ちになるし腹も立つしで、女性のほうも黙っていられませんよね。彼が嫌じゃなければ、一緒に行って、その趣味を2人で楽しめるようになりたいですね。

■女同士で遊ぶのもダメ!

・「自分は遊びに行きたいのに、行くなと言われたので、どうして自分の好きなことが出来ないのかとケンカになった」(26歳/運輸・倉庫/営業職)
・「女同士で遊びに行くことさえも嫌がられたので、これでは自分の世界が狭すぎると怒った」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「異性と2人で遊びに行く」というシチュエーションなら彼の嫉妬もまだ理解出来ますが、女同士の付き合いにも嫌がるなんて……。その彼の器が小さすぎます。

■俺以外の男と喋るな!

・「ほかの異性と話していただけで機嫌が悪くなり、ケンカになりました」(26歳/学校・教育関連/専門職)
・「ゼミのOB会やサークルの集まりにも行くなと言われた」(25歳/金融・証券/営業職)

嫉妬深い彼は、もはや「俺以外の異性と話すなんてありえん!」という考えなのでしょうが、こちらにも仕事上の付き合いなどのいろいろな事情があります。「ほかの異性がいるところに行くな」というのは、あまりにも酷ではないでしょうか?

男性はプライドが高いので、彼女が自分の言うことに従わない場合、女性よりも嫉妬深い一面を見せてくるようです。彼女のことが好きな気持ちはわかりますが、あまりに嫉妬深い彼なら、さっさとその彼とは別れて、次の人を見つけたほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE