お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ご飯に行ったものの、男性が「こいつにはおごりたくない!」と感じる女性の特徴4つ

ファナティック

男性と食事に行く機会はありますよね。もしかすると食事代をおごってくれる男性もいるかもしれません。さて、男性が「一緒に食事に行ったけど、この子にはおごりたくないな」と感じる女性がいるとしたらどんな女性だと思いますか?

■お礼を言わない

・「お礼がまったくなかった」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「感謝の言葉を言わない」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ありがとうと言わない。非常識だから」(33歳/機械・精密機器/技術職)

食事とはいえ、何か買ってもらったらお礼は言うものですよね。もし料理が好みでなかったとしてもおごってもらったことへの感謝は大人のマナーです。

■おごってもらったことを喜ばない

・「当たり前な感じの態度」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「おごってもらう前提の高飛車な態度。偉そうでいやだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「おごられるのが当たり前だと思って財布も出さない人」(32歳/機械・精密機器/技術職)

あくまで好意でおごってくれているので、特に喜ばれなかったら自分で出してほしいと思うかもしれません。

■食事に対する文句を言う

・「食事した店にけちをつける」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「料理に対して文句が多い」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「出てきた料理に対して文句ばかり言う女性。そういうときは意地でも割り勘にする」(27歳/情報・IT/技術職)

不満があるのは真実でしょうが、自分がお金を出した料理に文句を言われるとイライラするのかも。

■話が弾まない

・「話が終始誰かのうわさ話などでうんざり」(32歳/金融・証券/専門職)

・「一緒に居ても、つまらなさそうにしてるのは、おごりたいと思わない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「話より食事優先」(33歳/情報・IT/技術職)

デートでの食事はあくまで会話のお供。堪能するよりは、場の雰囲気を見て楽しく話すようにするといいですね。

男性が思う、一緒に食事に行ったけど、この子にはおごりたくないなと感じる女性の特徴を見てきました。いかがですか? 好意を台なしにしないために、おごってもらうなら以上のような特徴に気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE