お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見なきゃ良かった(泣)気になる男性のSNSをチェックして凹んだこと4選

ファナティック

人間、やらないほうがいいとわかっていても、ついついやってしまうことってありますよね。そのひとつが気になる男性のSNSのチェック。相手に気づかれずに見られるので、興味本位で検索してしまった人もいるのでは? そして、便利な半面、ときに衝撃的な事実を知る羽目になり、勝手に傷ついてしまうことも……。気になる男性のSNSをチェックして失敗したことについて、社会人の女性に聞いてみました。

■ほかの女性の影

・「元カノとのこと、昔の武勇伝みたいなヤンチャな過去、私が知らなかった彼の非常識な一面、微妙な関係の女友だちの存在」(33歳/小売店/販売職・サービス系)
・「彼女がいることがわかったこと」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「女友だちが多いこと」(26歳/食品・飲料/技術職)

やはり一番凹むのはこれではないでしょうか。自分以外の女性の影が見えると、自分が彼女でもないのに、なぜか心に波風が立ってしまいます。彼女がいて諦められるならまだしも、女友だちとの付き合いなど、余計な情報にほかなりません!

■彼の素性を知って驚く

・「結婚して子どもまで生まれていた。しかも、相手の職業柄、手を出してはいけない相手との結婚だったので、なおさらびっくりした」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「下品なことを言っていたり、政治的な思想などが自分とは真逆だったり」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

普段接しているだけではわからない彼の素性も、SNSなら知ることができます。SNSではなぜか自分の思想を語ったりする人も多いようです。意外にそこに彼の性格が表れていることもあります。

■自分とは合わない趣味

・「コミュニティーがなかなかマニアックな物が多かった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「顔文字だらけだったりして、ネット人格が残念だったとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

いくら顔が好みでも、これは無理だなぁと思わざるを得ない内容を投稿している場合も。過ちを未然に防ぐことができたのですから、これは逆に見ておいてよかったの部類では……?

■自分じゃ太刀打ちできない……

・「アイドル好きとか」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「元カノがモデルだったこと……」(24歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

液晶の中のかわいい女の子と比べられるのも、スタイル抜群の元カノと比べられるのも御免です! 勝手に敗北感に打ちひしがれてしまいます……。

上記のエピソードを見ると、やっぱりSNSはチェックしないほうがいいなぁと意識を改めさせられます。でも、なぜか同じことを繰り返してしまうのが、人間の性というものです。あなたは、気になる彼のSNSをチェックする勇気はありますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数223件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE