お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“かまってちゃん”確定!? 「自分はどうせ……」といじける女性を面倒だと感じた瞬間4選

ファナティック

ネガティブな女性にありがちな発言、「自分はどうせ……」。これを言われてしまうと、男性は途端にげんなりしてしまうよう。今回は社会人男性に、「自分はどうせ……」といじける女性を面倒だと感じたエピソードを聞いてみました。

■かまってほしいのが見え見え

・「同期の女の子でいるが、口癖のように言っているのでウザイを通り越してもう誰も相手にされていないのが逆に痛いと感じる」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『そんなことないよ』と言ってもらいたいかまってちゃんなのが見え見えで、面倒だと感じた」(32歳/機械・精密機器/技術職)

男性は「自分はどうせ……」という言葉の裏に、「そんなことないよって言ってほしい!」とか「君が一番だよって言ってほしい!」という女性の気持ちを感じとってしまうよう。数回なら、苦にならないようですが、あまりに度が過ぎると嫌がられてしまうようです。

■励ましの言葉が届かない

・「仕事でうまくいかなかった後輩に、励ましの言葉をかけて勇気づけようと思ったけれど、何を言っても心に響かず、『自分はだめだ……』とばかり言っていた」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「フォローすると否定してくるので、こちらまで気持ちが暗くなるような場合がある。1対1でない場合が最悪で、場全体の雰囲気が落ち込む」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

また「自分はどうせ……」が口癖の女性は、もともと自己評価が低いため、どんな励ましの言葉をかけても「自分はどうせ……」のエンドレスに。この状態にはまると、本人だけでなく周囲まで暗くなり、なんとも言えない空気が漂います。

■酔うといじけはじめる

・「いつも酔うとそんな風にいじける女性がいるが、何を言ってもそうなので面倒で最近は放置している」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「酒を飲むと必ず泣き出してそれを慰めないといけないので面倒くさいと感じた」(28歳/不動産/その他一般事務)

普段は我慢していても、酔うとつい溜め込んでいた気持ちが爆発してしまう女性もいるみたい。「自分はどうせ……」のからみ酒につきあわされる男性は、確かに大変かも!?

■「自分はどうせ……」に対処法はない!?

・「せっかく慰めてあげたのに『お前なんかに慰められないといけないなんて……』と言われ面倒くさいと感じた」(27歳/情報・IT/技術職)

・「男性を紹介しようとしても、自信がないと言って拒否するのは面倒だと思った」(33歳/機械・精密機器/技術職)

さらに男性がお手上げだと感じるのが、「自分はどうせ……」という女性に、してあげられることが何もないこと。慰めれば「お前に慰められたくない」と言われ、慰めてくれる男性を紹介しようとすれば断られ、「一体なんなんだ!」という気持ちに襲われてしまうようです。

こういった女性の取り扱いには細心の注意が必要。ひとつ間違えると「自分はどうせ……」の負の連鎖に巻き込まれてしまいます。この口癖の対処法は、もしかしたら本人自身が「自分はどうせ」という言葉の裏に隠れた本心に、自分で「そんなことないよ」と言ってあげるしかないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE