お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

デキる男は部下にモテる! 「職場で上司に思わずキュンとした瞬間」3選

ファナティック

身近な男性といえば、彼氏、男友だちに、同僚、部下、そして上司が思い浮かぶかと思います。それぞれ、いろいろな魅力のある人たちでしょうが、自分より目上の存在、上司に「キュン」と心がときめいた経験はありませんか? 立場が同じ相手とはまたちがう魅力がある上司。今回は働く女子たちに「職場で上司に思わずキュンとしたエピソード」を聞いてみました。

■さりげない気遣い

・「仕事をほめてくれて、評価してくれたとき」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「頼まれた仕事を終えると『ご苦労様』と声をかけてくれる」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

・「いそがしいときに気遣ってくれたり、お土産をくれたりしたこと」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「無理しすぎるなよ、といって笑いかけてくれたときキュンとした」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分がいっぱいいっぱいなときにちょっとしたことでもねぎらいの言葉、気遣いの言葉が出てくる上司というのは魅力的ですね。簡単なことかもしれませんが、下の人間のことをちゃんと見ていないとできないことです。また、がんばったときにきちんとほめてもらえると、仕事のモチベーションも上がるというものです。

■ミスをフォロー

・「私のミスをさりげなくフォローして、何事もなかったかのようにいたこと」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事で落ち込んだときにフォローしてくれ、励ましてくれた」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「仕事で失敗して泣いていた次の日の朝、他部署の上司がわざわざ席の近くに来てくれた。顔をのぞきこんで『今日は泣いてないね』と笑顔で言われた」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「看護師なので患者の急変時に冷静に指示を出し処置する医師にたまにキュンとするときがある」(33歳/医療・福祉/専門職)

自分のおかしたミスを叱責するのではなく、フォローしてくれる上司は好感が持てます。無責任な上司はそういうことをしてくれませんからね。フォローしてもらえると、「次は迷惑を掛けないようにがんばろう」と思えるものです。

■デキる男のギャップ

・「上司でとても重役の人ですが、女性社員を名字に『ちゃん』を付けて呼んでいる人。威圧感を与えるのではなく、よく話しかけてくれる人です」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「しっかりしている上司の意外な一面を見たとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「上司がかわいいらしく子どものようなことを言った姿にキュンとした」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「着ていたシャツにユニクロのサイズのシールがつけっぱなしだった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

「ギャップ萌え」などとも言いますが、しっかり者の上司の意外なかわいい面などを見てしまったら、思わずキュン! としてしまうかもしれません。お堅い面と、柔軟な面を使いわけできる上司も魅力的ですね。

働く女子たちが上司に「キュン」とした瞬間を集めてみましたが、いかがでしたか? 職場によって、さまざまなタイプの上司さんがいるんですね。こんな素敵な上司がいたら、シゴトもがんばれそうですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数166件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE