お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「昼間の桜」VS「夜桜」 お花見デートに最適なのはどっち?

ファナティック

夜桜休日に太陽の下で見る桜も仕事帰りに月明かりの下で見る桜もどちらも魅力的なことに変わりはありませんが、もしデートでお花見に行くなら昼と夜のどちらを選ぶ? 男性たちにアンケートをとってみました。

【玉子焼きは甘くする?お花見で「男心を鷲づかみにする」弁当ベスト5】

Q.あなたが彼女と花見デートをするならお昼に行きたいですか? 夜に行きたいですか?

「昼」59.3%
「夜」40.7%

お花見デートは昼のほうがいいという男性が約6割。では、どうしてそう思うのかを昼、夜それぞれの回答ごとに聞いてみましょう。まずは、昼のお花見デートがいいという男性から。

昼間のほうが桜が見やすい

・「昼のほうが桜がよく見える」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「周囲の風景・雰囲気も感じ取れるので、より花見らしい雰囲気が演出されるから。いい意味で気が散るので、会話も弾みそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

昼間のほうが桜が見やすく周囲の状況もわかりやすいので、花見気分が盛り上がるというのが理由のようです。夜だと場所の選択肢も少なくなるので、花がきれいに見られるところを選ぶならやっぱり昼間になるのでしょうか。

桜の時期は夜になると肌寒い

・「ぽかぽかして暖かいし桜がよく見えるから」(22歳/情報・IT/技術職)

・「夜は暗いし、まだ肌寒かったりすると思うから。昼に花見をして、夜はどこか店に行きたい」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「4月の夜は意外に冷え込むのと、酔っ払いが多くてうるさい、くさい、汚い」(36歳/機械・精密機器/営業職)

昼間ならぽかぽか陽気の時期も夜になると肌寒くなることが多いですよね。せっかくお花見に来たのに寒さに震えるよりは昼間にお花見デートをして、夜は別の場所でデートという流れが理想的かも。

では、夜のほうがいいという男性にも理由を聞いてみましょう。

ライトアップされていてロマンチック

・「ライトアップされていつもとちがってロマンチックに感じる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「ライトアップされた桜も魅力的だし、彼女と一緒なら、ロマンチックでいいと思う」(27歳/自動車関連/技術職)

・「夜のほうが桜も幻想的できれいだから」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

ライトアップされた桜は幻想的なムードで、デートをロマンチックに盛り上げたいという男性にはピッタリ。彼女と一緒なら断然、夜桜という人も多そうですね。

桜の時期は短いので、そう何度もできるわけではないお花見デート。幻想的な雰囲気に浸りたいのか、桜の自然な美しさに触れたいのか、どちらがいいのかでお花見デートの時間帯も決まりそう。今しかできないということで、ちょっと無理してでも昼も夜も楽しんでしまうのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月9日~23日にWebアンケート。有効回答数86件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年03月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE