お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ついついね…… 男性が彼女のことを「うっとうしい!」と感じてしまう瞬間

森川ほしの/OFFICE-SANGA

m_うっとうしい

彼氏ができると、つい世話を焼きすぎたり、アレコレ言ったりしたくなる女性も多いことでしょう。彼氏としてはそんな彼女を、正直「うっとうしい!」と思うことがある様子。今回は、そんな男たちの本音を語ってもらいました。男性は彼女のどんな言動をウザいと感じているのでしょうか?

なぜそうなった!?男たちが語るバレンタインのビターな思い出「まったく知らない子から手作りチョコ」「タバスコ入りだった」

時と場合を考えて!

・「仕事で残業しているときの電話はイライラする」(31歳/商社・卸/営業職)
・「疲れているときの長電話」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

彼がまだ仕事中、もしくは非常にお疲れの様子なら、電話はすぐに切った方がいいかも。

恋愛におけるタブーその1

・「『会社と私、どっちが大事』と言われた瞬間」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系

・「『仕事がそんなに大事なのか』と言われたとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女だってこんなことは言いたくないですよね……。思わず口から出そうになっても、グッと我慢するべき?

恋愛におけるタブーその2

・「『私のどこが好き?』っていうのはウザいですね。すごい好きでない限り」(34歳/通信/事務系専門職)

「すごく好きではない」気持ちが彼女にもなんとなく伝わっているから、こんなことを言わせてしまうのでは?

メール攻撃はやめて!

・「メールが頻繁にくるのがウザい」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「仕事で忙しいときに、どうでもいいメールの返信を求める」(38歳/情報・IT/技術職)
・「メールで『もっとかまって』と言われて、うっとうしく思ってしまった」(30歳/情報・IT/技術職)

メールがうっとうしいと感じる男性が多い様子。メール好きな女性は、彼氏の本音を一度聞いておいたほうが良いでしょう。

会いたい攻撃もやめて……

・「平日でも毎日会いたいと言われるので、いい加減にしてくれ! と思う」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「残業して家に帰ってきたのに『今から会いたい』と言われた」(38歳/通信/技術職)

彼氏を困らせるほどの「会いたい攻撃」は、少し思いやりに欠けるかもしれません。

彼氏のファッションに、口出しは無用?

・「自分で買った服にダメ出しされた」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「シャツが変と言われる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏にはできればオシャレでいてほしいですから……。口を出したくなる女性の気持ちもわかります。

仕事への口出しも無用

・「仕事に関して、偉そうに助言された」(30歳/電機/技術職)

彼女はきっと、良かれと思って言ったはず。でも、男のプライドを傷つけてしまったようですね。

もう、勘弁して!

・「喧嘩をすると、悲劇のヒロインになる」(28歳/自動車関連/技術職)
・「泣いたり怒ったりが激しい」(30歳/農林・水産/技術職)
・「急に、何もないのにいきなり気分が落ち込みだす」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

「怒ったり泣いたりするだけの理由があるのよ!」という、彼女たちの声が聞こえてきそうな……。

つき合いきれない女のハナシ

・「酔っ払って、何度も同じ話をされる」(38歳/情報・IT/技術職)
・「会社の愚痴を永遠にされる」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

「女の話はゴールがないから面倒」という男性は多いですよね。

男は一つのことしか考えられないもの?

・「車の運転中にいろいろ話をされること」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「用事をしているときに、色々と話しかけてくる」(29歳/機械・精密機器/技術職)

じゃあ、隣にいるのにずっと黙っていろと? 男心は難しいです……。

男が眠いときは放っておくべし

・「眠いのに会いに来られて、睡眠を妨げられた」(32歳/電機/技術職)
・「寝ていたいときに、デートしたいと言われる」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

意外と多かったのが、「眠いときに○○」という回答。これをやってしまうと、かなり根に持たれる様子。眠そうな彼氏は、放っておくのが一番かもしれません。

オレを縛るな!

・「1週間前から週末の予定とかを決められるのが面倒」(32歳/小売店/事務系専門職)

じゃあ、デートの約束はいつしたらいいのでしょうか……。

まとめ

中には、「こんなことで!?」と言いたくなるようなコメントもありましたが……。これが男性たちの本音。ときにはこちらがオトナになって、言いたいことや連絡をグッとこらえてみるのも良いかもしれませんね。そうすれば彼は、さらにアナタのことが好きになるかも?

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数105件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]