お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

勘弁してくれよ! 男性が近寄りたくない「ヒステリー女子」の特徴4つ

ファナティック

怒ると手がつけられなくなる人や、普段から怒りっぽい人のことをヒステリー持ちということがありますよね。周囲からするとちょっぴり困った存在です。男子が思う、これをされたら、ヒステリー女子に認定する特徴とは?

■自分本位である

・「何でも自分のことと思い込む」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分のペースですべての物事が進まないとイライラする」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「何か自分の思い通りにならないと、すぐに不機嫌になったりする。さらにそれが進むと、ヒステリーになる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

マイペースを乱されるとイライラするものですが、お互いさまなところもありますよね。

■いつも不機嫌

・「いつも怒っている」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「貧乏ゆすりが激しい」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「常にイライラしている」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

時間に追われているのか、余裕が感じられず不機嫌な様子。話しかけられると怒られそうですね。

■激情タイプである

・「普段は愛嬌(あいきょう)があったりで接していても楽しいけれど、どこかミステリアスな感じがしてベールに包まれている人」(23歳/機械・精密機器/営業職)

・「いきなり感情をあらわにする。泣き出したり怒鳴りだしたり」(31歳/情報・IT/技術職)

・「いいときと悪いときの差が激しい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

本人にとって、激しい感情は我慢の限界から生まれたものかもしれませんが、急に表現されて驚く人も。驚いてヒステリー女子認定したくなるかもしれません。

■とにかく怒りっぽい

・「すぐにキーッとなって人の言うことを聞かない」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「急に切れて黙る」(38歳/情報・IT/営業職)

・「すぐに切れる、勘違いが多い」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

間違いを指摘されたりといやな思いをする場面もありますが、怒っても仕方ないですよね。ヒステリーと思われる前に対策をとりましょう。

これをされたら、ヒステリー女子に認定する特徴について、男性読者の意見を見てきました。いかがですか? 理由のわかる怒りならともかく、イライラするだけでは周囲に不信感を与えてしまうかも。こういう特徴があれば注意してみては?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年03月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE