お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

職場でそれはないわ~! 男性がドン引きした「残念すぎる女性の言葉遣い」12

職場では会話でコミュニケーションをとりますよね。ところが、ごく普通のつもりで使っている言葉が男性に残念な印象を与えてしまうことがあるようです。男性が職場で聞いてしまった、残念すぎる女性の言葉遣いとは?

■目上の人間にタメ口で話す

・「後輩にタメ口で話されるのは、なってないと思った」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ついついタメ口が出ている」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「すぐにタメ口になってしまう人は言葉遣いがだめだと感じる」(27歳/金融・証券/専門職)

同期のように話してしまう場合はありますよね。でも、相手が厳しい人だと処分されることさえあるかもしれません。気をつけましょう。

■若者言葉を使う

・「『まじ』を連発」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「『っていうか』というような若者言葉」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「『ちょ~』とか『やばくね?』とか使う」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

プライベートならともかく、職場で耳に入る若者言葉に敏感な人も。いつの間にかいやがられていると悲しいですね。

■体育会系の敬語

・「敬語が上手く使えてない女性を残念に思った」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「『~っス』と運動部口調」(27歳/自動車関連/技術職)

・「『はいっス!』と言った後輩」(38歳/情報・IT/営業職)

学生時代部活に熱心だった女性がやりがちな体育会系の敬語を使うミス。職場ではヘンに思われます。

■男っぽい言葉で話す

・「以前の職場で『お前』と呼ばれたことがある。機嫌の悪い状況だったのはわかるのだが、さすがに職場ではマズイと思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「男のような言葉を使う」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「一人称がオレ」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

男っぽい言葉遣いそのものが悪いというわけではないけれど、悪印象を与えるので乱暴なものは避けましょう。

男性が職場で聞いてしまった、残念すぎる女性の言葉遣いをご紹介しました。いかがですか? 自分では気づかないけれど、まわりからすると気になる言葉遣いをしていることがあります。思ってもないところで残念な印象を与えないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]