お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
心地よい暮らし

一人暮らし女子に聞いた! 家賃は月収の何割?

毎月、収入の中の決して少なくない部分を持っていってしまう「家賃」。あなたが毎月支払っている家賃は、収入の何割を占めているでしょうか? 気になる一人暮らし女子たちの収入と家賃の関係を聞いてみました。

Q.毎月の収入、家賃の占める割合はどれくらい?

1位「2割以上3割未満」……36.7%
2位「3割以上4割未満」……33.5%
3位「~2割未満」……17.6%
4位「4割以上5割未満」……8.0%
5位「5割以上6割未満」……3.7%
6位「6割以上7割未満」……0.5%

大きく分けて、三つのカテゴリーに属する人が多いようです。おのおのの意見、その支払いに妥当性を感じているか教えてもらいましょう。

■1位/「2割以上3割未満」

・「家賃は収入の3分の1までと聴いているので」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「そのほかの事にもお金を掛けられるし、物件の条件も悪くないし、ちょうどいいと思う」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「貯金もしたいし」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「家賃にお金をかけたくないから」(23歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「安いところを選んだ。妥当。古い家だから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「あまり家賃にお金を使いたくないから」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

家賃にお金を掛けたくない、という意見の人達が、このカテゴリーには多いようです。収入の額にもよりますが、これくらいの比率、負担であれば、貯金や趣味に回せる余裕があるのかもしれません。

続いて、1位と僅差の収入の30%以上を家賃に回している人達の意見を聞いてみましょう。

■2位/「3割以上4割未満」

・「若干高いが、会社から少しは家賃補助がでるし、会社までの時間と電車の混み具合をみると妥当だとおもう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「これ以上高いと生活を圧迫する」(22歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「生活していける範囲だと思うから」(21歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「高いと思うけれど、月収自体が少ないので仕方ない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「払える範囲で一番いい部屋だったから、妥当」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

これ以上の負担は家計を圧迫してしまうギリギリのラインなのでしょうか。「少し高いとは思うけど……」という人が多いようでした。お部屋にこだわりが強ければ、これくらい出してもいいのかも……。

お次は、家賃が占める割合が一番少ない女子たちの意見です。一人暮らしをしている女子の約五人に一人がこのカテゴリーに属しているという結果でしたが……。

■3位/「~2割未満」

・「これ以上はきついので」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「社員寮なので部屋の広さに対して格安。ありがたいと思っている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「あまり負担にしたくない」(27歳/生保・損保/営業職)

・「月収とは別に家賃補助が出ているから」(26歳/情報・IT/技術職)

地域にもよると思いますが、家賃補助が出ていたり、寮住まいという人はこれくらいの出費で済むのですね。趣味やほかのことに多くのお金を掛けている人は、これくらいまで押さえたいと望むのでしょう。

まとめ

お部屋にこだわりがあったり、ほかにお金を掛けたいものがあったり、負担を軽くする制度を会社が用意してくれているかによって、収入と家賃の関係はさまざまです。もし生活がきつい、と感じているようだったら、一度、収入と家賃の関係を見直してみてもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数188件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]