お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

逃がした魚は大きかった! 別れて後悔した元彼の特徴4つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「あんな奴と別れてよかった!」と思うことはあっても、「どうしてあのとき別れちゃったんだろう……」と思えることは少ないもの。しかし、それでも相手によっては後悔することってあるようです。「逃した魚は大きかった……」と後悔してしまった元彼の特徴について働く女子に聞いてみました。

■別れたあとに土地を購入

「20代前半のころに付き合っていた彼。付き合っていたときは趣味にばかりお金をつぎ込んで貯金しているふうには見えなかったのに、30歳で結婚し、その後家を建てるための土地を購入していた」(32歳/小売り)

土地と一軒家は人生での大きな買い物。それを30歳で成し遂げるなんて……と驚いてしまいそうです。

■オシャレイケメンになっていた

「学生のころに付き合っていた野暮ったい彼。顔は整っていたんですが、当時はジーンズonジーンズみたいな格好をしている人だった。それが嫌で別れたんですが、社会人になって数年でオシャレなイケメンに変身していて……。再会したときのショックといったらなかった」(27歳/飲食)

今付き合っている彼女によって変わったのだとしたら、ますます悔しい……。

■奥さんが専業主婦

「付き合っていたころ、『俺は結婚したら、奥さんには家に入ってもらいたい』って言っていた彼。そのころは『そんな生活嫌だ!』と思い別れたのですが、その後いろいろあってそんな暮らしもいいなと思い……。結局、彼は別の人と結婚したのですが、奥さんは専業主婦。本当に実現しているのを知って、なんだか悔しい気分になった」(30歳/通信)

もし自分も専業主婦希望だったとしたら、確かにどうして別れてしまったんだろう! という思いは強くなってしまうかも。

■別れても好きな人

「とても気が合った彼だったのですが、仕事が忙しくすれちがいもあり別れました。でも久しぶりに会ったら、やっぱり性格も顔も考え方も全部好きだなぁって実感して。もう彼は結婚もしているのでどうしようもできないんですが、当時、私がもう少し大人だったらちがう今があったのかな、と思います」(29歳/IT)

切なくなるエピソード。前の彼以上に好きな人を見つけることができたらいいのですが……。

しっかり後悔したのなら、きっと次の恋愛にも生かされるはず。次こそは最良の相手と交際し、長続きさせたいですね。あなたは別れて後悔した元彼はいますか?

※画像は本文と関係ありません

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]