お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

た、助けて……。男性が体調を崩したときに女性にされたらグッとくる対応を調査!

ファナティック

好きな男性が体調を崩したとき、「チャンス到来!」と思う女性も多いのではないでしょうか。弱っているときには、人の優しさがいつも以上に染みるもの。ぜひ上手にアピールしたいですよね。では男性は、女性にどんな対応をしてほしいと思っているの? 男性読者にズバリ聞いちゃいました。

Q.風邪などをひいて具合の悪いときに、女性からされたらうれしい対応は?

「食事を作ってずっと看病」……53.1%
「食糧だけ置いてすぐ退散」……29.2%
「メール・ラインで状況をうかがってくる」……15.0%
※その他は除く

半数以上の男性が、「女性に付きっきりで優しく看病してほしい!」と願っていることがわかりました。それぞれを選んだ理由も、セキララに語っていただきました!

■食事を作ってずっと看病

・「ずっと側にいてくれると安心するので、泊まり込みで看病してほしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「食事は本当にうれしい。自分が作れないから。ひとりでいるのもつまらないし、一緒にいてくれると心強い」(30歳/学校・教育関連/営業職)
・「ご飯は作ってほしい。それからは寂しいのでそばにいてほしい。かいがいしく看病は申し訳ない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「手を握っていてくれる」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

女性が思っている以上に、甘えん坊な男性が多いようですね。気が弱っているときだからこそ、まるで母親のようにかいがいしくお世話してほしいのでしょう。風邪がうつってしまったら……次はきっと、彼が看病してくれるはず!?

■食糧だけ置いてすぐ退散

・「うつすという事態も避けたいが、気遣いもしてくれればという板挟みの中、ちょうどいい具合の対応だと思う」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「必要な家事だけやって、そっとしておいてほしい」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「具合が悪いので、そっとしておいてほしいから」(32歳/食品・飲料/営業職)

こちらで目立ったのは、「女性の優しさは感じたいけれど、ずっと一緒はちょっと困る」という意見です。逆の立場で考えたら、じゅうぶん理解できますよね。彼に引き止められなければ、すぐ退散! 「気遣いの女性」を目指しましょう。

■メール・ラインで状況をうかがってくる

・「心配しているメール1通だけいれてくれる」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「そっとしておいてくれるのが一番」(35歳/建設・土木/技術職)
・「うつったり気を使わせてしまうと申し訳ないので、状況だけメールで聞いてくれればいいです」(32歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

好きな彼との距離がまだ十分に縮まっていない場合には、あえて踏み込まないのもひとつの方法です。「重いと思われるのは絶対に嫌!」と思うときには、まずはラインで「必要なものがあれば、持っていくよ」と持ちかけてみるのがオススメです。

風邪などで気持ちが弱っているときだからこそ! 一歩踏み込んだ優しさでアピールするのもアリのようですね。半数以上の男性が「ずっと看病してほしい」と望んでいることを頭に入れて、勇気を出してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数113件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]