お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 「潔癖すぎる女性」と「ガサツすぎる女性」、結婚するならどっち?

結婚相手の女性に対しては、男性でもいろいろと条件がありますよね? でもこんな究極な選択を迫ったら、一体どちらを選ぶのでしょうか? 男性の本音に迫ってみたいと思います。

Q.究極の選択! もし結婚するとしたら、どちらかといえばどちらの女性を選びますか?

「潔癖すぎる女性」57.4%
「ガサツすぎる女性」42.6%

若干ですが、「潔癖すぎる女性」を選んだ男性が多数派となりました。どちらを選んだのか、その理由もじっくり聞いてみました。

<「潔癖すぎる女性」を選んだ男性の意見>

■ガサツよりはマシ

・「ガサツすぎるよりはいいと思う」(23歳/その他/その他)

・「ガサツは我慢できないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ガサツすぎると自分が全部やらなきゃいけない」(23歳/医療・福祉/専門職)

ガサツすぎる女性はNG、という男性が非常に多いことがわかりました。家の掃除などを自分でしなければいけない、と思っている男性も多そうです。

■自分がきれい好きだから

・「どちらかいえば、自分も清潔好きな方だから」(22歳/不動産/営業職)

・「清潔なほうが自分に近いから」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「綺麗にしてもらいたい」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

今やきれい好きな男性が多い時代。身のまわりや家の中が綺麗なほうがうれしい、と感じる男性も多そうです。

<「ガサツすぎる女性」を選んだ男性の意見>

■潔癖な人と一緒だと疲れそう

・「潔癖は息が詰まる」(37歳/建設・土木/事務系専門職)

・「清潔すぎると疲れるから」(23歳/その他/その他)

・「潔癖すぎると合わせるのが大変そうだから」(30歳/情報・IT/技術職)

潔癖すぎる女性と一緒だと、息が詰まりそう、という男性が圧倒的に多くなりました。あまりにも細かいことを言われて疲れてしまう気持ちも、わからなくはありませんね。

■自分が掃除する

・「自分が綺麗にすればいいので」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「自分でどうにかすればいいと思うから」(38歳/情報・IT/技術職)

・「自分が頑張ればよいから」(30歳/電機/技術職)

自分がその分頑張って何とかすればいい、と考えてくれている男性もいるようです。家の掃除もやってくれるなんて、女性にとってはうれしい意見ですよね。

今回の究極の選択は、ほぼ半数ずつに分かれる結果となりました。ガサツや潔癖だけでなく、ほかのことについても●●すぎる、のは相手に負担になることもあるようです。自分のこと、ちょっと振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]