お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きな男性芸能人が結婚! そのとき女子たちの胸を駆け巡る思いとは……「祝福」が72.4%

ファナティック

昨年末、アラサー女子たちを驚かせたのが「西島秀俊さん」や「向井理さん」など、イケメン俳優の結婚ラッシュです。テレビの前で、思わず叫んでしまった方も多いのではないでしょうか。さてこんな、ステキすぎる男性芸能人の結婚報道に対して、あなたはどう感じる? 女子たちの素直な意見を聞いてみました。

Q.好きな男性芸能人が結婚したら、素直に祝福できますか? それともやっぱり嫉妬しますか?
「祝福する」……72.4%
「嫉妬する」……27.6%

やっぱりここは大人ですから!? 「祝福する」を選んだ女子が大多数でした。それぞれを選んだ理由もチェックしてみましょう。

<好きな男性芸能人の結婚……祝福する!という女子の意見>

■遠すぎる存在

・「もともと自分には手が届かない人だから、すきな人にはしあわせになってほしい」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「どうがんばっても自分は結婚できないので、嫉妬にならない。幸せになってくれたらいいなぁと思う」(30歳/機械・専門職/事務系専門職)

どれだけ好きでも、芸能人はしょせん芸能人。「別世界の存在」と認識している女子が多いよう。遠すぎて、「結婚」と聞いても正直イメージできない!というのが本音かもしれません。

■好きだけど……

・「ファンでも結婚したいとは思わないから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「男性芸能人は自分とは恋愛しないし結婚しないから」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

どれだけ好きな男性芸能人でも、彼氏にしたいかと問われると……迷ってしまいます。ファンはファンでも、「恋とは別物」と考える女子が多いのですね。

■正直なところ

・「その人にとって幸せなことだから、でもやっぱりちょっぴりさびしいのは置いといて」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

「祝福したい」と思いながらも、本当のところは、ほんの少し寂しさも。誰かのものになってしまった!という喪失感は、簡単には埋められません。

では反対に、「正直嫉妬してしまう!」という女子の意見もチェックしてみましょう。

<好きな男性芸能人の結婚……嫉妬する!という女子の意見>

■うらやましい!

・「やっぱり自分にとっては永遠の好きな人だから、その女性に嫉妬してしまう」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「どうせ業界人だろうから。一般女性とはいっても、どうせ芸能界的なものをかじっている人が多いから。じゃないと出会わないし」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きな男性芸能人のお相手が「一般女性」なら、その顔が公開されることはありません。しかしつい、いろいろな妄想をしてしまう女子も少なくないようです。

■心のオアシスが……

・「心の癒やしが一人減ってしまうので嫉妬というより残念で悲しい気持ちになります」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「西島秀俊が結婚したときは本当にショックだった。芸能人でも高嶺の花の存在でも嫉妬はあるものだと思った」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「というより、その時点から好きでなくなります。結婚すると、一気に冷める!」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

ステキな男性芸能人は、働く女子にとって心のオアシスです。「結婚なんて、関係ない!」と言い切れるほど、女子の心は強くはありませんからね……。次のオアシスが、早く見つかると良いのですが。

女子たちの毎日を少し楽しくしてくれる、ステキな男性芸能人の皆さん。今年もきっと、多くの方が新しい人生の一歩を踏み出すことでしょう。あなたなら、祝福できる? それとも正直嫉妬しちゃう? 今から覚悟しておいた方が良いのかも……!?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年1月27日~2月4日にWebアンケート。有効回答数192件(22歳~39歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]