お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同棲カップルが「結婚しなくてもいいや」と思う瞬間「自分ばかり家事をしていて嫌になった」「すごく幸せなとき」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

同棲カップル同棲をはじめても、結婚には至らず別れてしまうケースは意外と多い様子。別れはしないものの、なんとなく結婚が先延ばしになってしまうことも少なくないようです。どうして、そんなことになってしまうのか? そこで同棲経験者に「結婚しなくてもいいや」と感じた瞬間について聞いてみました。

■やっぱりネックは家事!

・「自分ばかり家事をしていて、嫌になったとき」(30歳/人材派遣・人材紹介/クリエイティブ職)

・「女性の方が家事の負担を背負い、大変だったから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「食事、洗濯も2人分しなきゃならなくて面倒だから」(23歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

家事は2人で分担! といって同棲をはじめても、やはり女性の負担が大きくなることは多いものです。

■これがずっと続くの?

・「苦労して作ったご飯を、何の感想もなくあっさり食べられたこと」(31歳/団体・公益法人・官公庁)

「上げ膳据え膳」が当たり前だと思っている男性との結婚は、ちょっと考えてしまいますね。

■失われたひとりの時間

・「家でひとり、趣味を楽しんでいてるときに相手が帰ってきた瞬間。残念と感じる」(25歳/不動産/事務系専門職)

ひとりのときは「誰かに一緒にいてほしい」と思いますし、誰かが家にいると「ひとりになりたい」と思います。どちらを選ぶのか、そこが人生のわかれ目かも。

■変わってしまった男

・「ギャンブルに狂った彼をみてドン引き」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「彼が泥酔しているとき」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

これがずっと続くのか……と思うと、結婚を考え直したくなる気持ちもわかります。

■結婚って面倒

・「色々面倒になった」(29歳/情報・IT/営業職)

・「親戚づきあいがややこしい」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「彼の両親を好きになれなかった」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

結婚となると、当人同士だけの問題ではありません。どうしても、彼の両親や親戚との付き合いが必要になります。同棲の時点で気づくことができて、むしろよかったかも?

■金銭面で……

・「お金の問題で」(32歳/生保・損保/営業職)

しっかり稼いで自立している女性にとって、誰かと生計を一にするという結婚は、けっしてメリットばかりとはいえないのかもしれません。

■このままでいいのでは?

・「すごく幸せなとき」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「ずっと一緒にいられるなら、紙切れはどうでもいいと思う」(33歳/医薬品・化粧品/専門職)

同棲生活が幸せすぎて、結婚が遠のくというパターンもあるようです。

■結婚願望のないパートナー

・「この人に結婚の意思はないなぁと感じた瞬間」(29歳/小売店/秘書・アシスタント職)

そこであきらめるか、それとも彼が結婚したいと思うようになるまで待つのか。そこが問題です。

■同棲してみて気づいたこと

・「生活の価値観が合わない人だったとき」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

これは同棲の大きなメリットかも? 価値観の違いは離婚理由としてもよく挙げられます。婚姻届に判を押す前に気づいて、よかったかもしれませんね。

なかには、一度「結婚しなくてもいいや」と感じてから、また思い直して結婚に至ったカップルもいることでしょう。しかし、同棲生活で結婚というものの大変さを垣間見てしまい、結婚そのものに興味がなくなるケースもありそうです。思い切って結婚に踏み切ってしまうべきか、それとも同棲期間をはさんで相手、そして結婚というものをよく見極めるべきか。判断が難しいところです。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数239件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]