お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 デート・カップル

女性に聞いた! 今年、職場にばらまく義理チョコの予算はいくら?

ファナティック

バレンタインが近くなってくると、街のあちこちでおしゃれなチョコレートの特設コーナーが見受けられるようになります。しかし、そこでは買えないのが職場用のばらまきチョコ。今年のばらまきチョコの予算は、みなさんどのくらいで考えているのでしょうか?

Q.バレンタインに職場の人にチョコをばらまきますか?

はい 32.5%
いいえ 67.5%

Q.職場用チョコのひとり当たりの予算を教えてください

「0円~50円未満」 3.6%
「51円~100円未満」 10.1%
「101円~150円未満」 12.7%
「151円~200円未満」 12.7%
「201円~300円未満」 12.7%
「301円~400円未満」 10.1%
「401円~500円未満」 17.7%
「501円以上」 20.2%

どの価格帯も満遍なく散らばりを見せた結果となりましたが、意外に多いのが501円以上という回答。では、どのような基準で、ばらまき用チョコを選んでいるのでしょうか?

■安さは実用性と優しさも兼ね備えている:101円~200円未満

・「101円~150円未満。安くて仕事中ぱくっと食べられるもの」(23歳・自動車関連/事務系専門職)
・「151円~200円未満。気を使う必要のないものを選ぶ」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「101円~150円未満。値段以上に見えるシックな包装」(29歳/情報・IT/営業職)

安いからという理由だけであまりいい印象を持たれないことも多いのですが、実は安いチョコにも、気軽に食べられる・気を使わせないなど、いい点もたくさんあるのです。加えて包装がおしゃれだと完璧ですね。

■あからさまな安さはNG:301円~500円未満

・「301円~400円未満。できるだけ安いけど、おいしそうなものを選ぶ」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「401円~500円未満。お返ししなくてもいっか、と思ってもらえるような相手の負担にならない金額のものにする」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「401円~500円未満。ちゃんとおいしいか確認したものを贈る」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

あまりにも安いものを渡すのは気が引ける、ある程度味にもこだわりたい。となるとこのくらいの価格帯に。女子力の高さという評価もいただけそうな価格です。

■それなりの評判を期待する:501円以上

・「501円以上。珍しいものにする」(25歳/金融・証券/事務系専門職)
・「501円以上。みんなが知っているチョコレートメーカーのものを選んでいます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「501円以上。甘いものが苦手な人もいるので、ビターな味にする」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

珍しさや味などにこだわると、自然とのこのくらいの予算に。仕事で上の立場に立っている女性だと、あまりにも安いものは渡せないということもあります。

まとめ

バレンタインは、職場のみんなに配るとなるとけっこうな出費になります。それでもチョコを渡すことで、お互いに笑顔になれて、その後の仕事がスムーズに進むのなら、バレンタインのチョコばらまき作戦はやってみる価値アリ! さぁ、今年のばらまきチョコは決まりましたか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数243件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]