お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【働く女子の本音】今年のバレンタイン、チョコは「手作り」派or「買う」派?

バレンタインといえば甘いチョコレート。あこがれの男性に贈るなら、やはりおいしいものをプレゼントしたいですよね。では、働く女子のみなさんは、今年のバレンタインはチョコを手作りする? それともお店で買う? 調査してみました。

Q.あなたは、今年のバレンタインはチョコを手作りしますか? 買いますか?

手作り派……25.5%
買う派……74.5%

「買う派」が7割以上と多い結果に。手作りよりもおいしく、手軽に購入できるところから選んでいるようです。では、まず多数派となった「買う派」の意見を聞いてみましょう。

<「買う」派の女子の意見>

■手作りする時間がない

・「職場の男性にあげないといけないだろうが、作る暇はないので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「作るのが面倒だから。旦那にウイスキーボンボンをあげようと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

手作りしたいのはやまやまだけれど、仕事に追われて時間が作れないという女性が多数。義理ならばそこまで気合いを入れる必要もなく、手軽に買ってすませるのもアリですね。

■おいしいから

・「間違いなくおいしいから。彼氏にちょっと高めのブランドのチョコレートをあげる」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「買ったほうが絶対においしいから。旦那には、吟味したものをあげる」(33歳/医療・福祉/専門職)

どうせならおいしいものをプレゼントしたい! ということで、ちょっといいものを贈るという人も。既製品だとガッカリされないよう、おいしいショコラのお店をリサーチするなど工夫しているようです。

■チョコ+αでプレゼントを

・「毎年買っているので。今年は彼に購入したチョコレートと別に手袋かマフラーのプレゼントも渡す予定です」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「父にあげる予定ですが、チョコレートではなくてお酒をあげるので」(26歳/医療・福祉/その他)

バレンタインだからと言って、プレゼントはチョコレートだけとは限らないのだとか。確かに、贈り物は相手が一番ほしいものをあげたほうが、当然喜ばれますよね。

続いて、「手作り派」の意見です。

<「手作り」派の女性の意見>

■気持ちを込めるから

・「彼に手作りしてほしいと言われたから」(28歳/金融・証券/営業職)

・「手作りのほうが気持ちが伝わると思うので、彼氏に手作りチョコをプレゼントする予定」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

男性としては、手作りのほうが気持ちが込められていると感じるのかも。クッキーやマフィンなど、簡単なものからチャレンジしてみるのもいいですね。

■手作りならではのメリット

・「付き合って初めてのバレンタインなので彼のために、甘さ控えめに作る」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「夫にでき立てのフォンダンショコラを」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

砂糖をひかえめにしたり、でき立てを食べさせてあげられるのは手作りだけ。ひと手間加えたチョコレート、サプライズで喜ばせるのもいいかも。

いかがでしたか? 会社のみんなでわける分は購入、彼氏には手作りといった手間をかけすぎない選択がベストのようです。おいしいお店のチョコレートを買うのもいいですが、たまには手作りして彼をあっと驚かせてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数239件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]