お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
占い デート・カップル

【サツキメイの12星座占い】星座別☆彼とケンカになりやすい原因と効果的な仲直りの方法

サツキメイ

カップル

なんでそんなヒドイことするの? 彼の気持ちが理解出来ない……仲良くなっても性格の違いでぶつかることって多いもの。けれど彼も内心「何でケンカになったのか」わからなくてオロオロしているものです。今回は星座別に、彼がついケンカしてしまいやすいポイントと、その理由をチェックして、上手に仲直りを目指しましょう。

★牡羊座…正直さで女子を怒らせてしまいがち

牡羊座の彼は、男友達に接するような態度を取るタイプ。「太ったね」など、女子を怒らせる地雷ワードを悪気なく言ってしまうケースも多め。気を使うよりハッキリ言われたい性格なので、「イヤだからやめてよ」とバシッと伝えて。長時間の話し合いを嫌うので、不満はその場で解決を。なお、キレて放置すると、一言「ごめん」のメールが来ることも。謝るのが苦手なので、短くても機嫌を直してあげて。

★牡牛座…しっかり伝えて気付かせる時間を

マイペースさで地味に女子をイラっとさせがちな牡牛座の彼。おうちデートしたら、寝てしまったり、悪気なく好きなタレントの話をしてきたりなど、「どういうつもり?」という気分にさせられることも。ただ、自分で納得して変わりたい性格なので、責めるよりも「それは傷付く」と伝えて、距離を置く作戦がベター。根は真面目で、じっくり考えるタイプなので、時間はかかっても丁寧な反省メールが来るはず。

★双子座…冷静な「理由」を伝えるのが鍵

2人の時間を楽しみたいのに、当日変更や、スマホチェックが多い双子座の彼。ただ、これは単に「刺激を追いかけたい」クセがあるから。ケンカも理屈で納得出来れば、OKなタイプなので、イヤだなと思ったら感情を抑えて「デートのときは2人で楽しめることをしようよ」と、さらりと前向きな提案を。「この靴だと長時間歩けない」などの理由を冷静に説明をすると、あっさり理解を示してくれることも多いです。

★蟹座…不機嫌は不安定な気持ちのあらわれ

会ったら彼が不機嫌全開……そんな蟹座の彼「あるある」の理由はデリケートだからこそ。イヤなことがあった、感じの悪い人がいたなどを気にしやすく、不安なときほどトゲトゲした態度に。ケンカ中は感情の勢いで言い過ぎるところもあるので、気に病まないのがベター。相手が味方かどうかを、どこまで受け入れてくれるかで試す傾向もあるので、度を超えるようなら「好きだけど困る」と優しく言い聞かせて。

★獅子座…彼の意地っ張りをほぐすのが先

さっきまで楽しそうだったのに、急に不満げな態度。獅子座の彼はサービス精神過剰で、外に対して「演じる」傾向があるので、疲れているときでも、つい無理をして、喜ばれないとイライラしがち。意地っ張りなため、オンタイムで突っ込むと大げんかになるので、まずは彼を優しく労るのが先。基本、「よかれと思って」行動する性格なので、彼が冷静になったときに、善意には感謝しつつ、ソフトに釘をさして。

★乙女座…毒舌はストレスいっぱいのサイン

乙女座の彼は、真面目さと人へのフォローしすぎで、疲れやすいタイプ。我慢のピークになると、つい周りへのダメ出し発言が多めになります。そこを指摘されると余計キレる傾向もあるので、そんなときは、さりげなく家飲みなど、神経質な彼が愚痴を吐きやすい状況に誘導を。「自分はちゃんと出来ている」「自分は間違っていない」と確認できれば、反省できる素直さもあるので、ほめ殺しも有効です。

★天秤座…感情をセーブして話し合う姿勢で

天秤座の彼が怒るイメージが少ないのは、不愉快な場からは早く撤収してしまうから。マナー知らずや感情的な言い争いを嫌うので、「察したり、空気を読まない」人に対しては、内心怒っている場合も。なお、機嫌が悪いときは、外には出さない分、メール頻度が減ったり、定型文風になりがち。理由を問いただされるより、「考えて気付いて欲しい」タイプなので、悪かったと思うなら、素直に非を認めて。

★蠍座…時間をかけて一途さを見せる必要が

基本一途な蠍座の彼が怒るときは、「ウソ」や「裏切り」の匂いがしたとき。飲み会に他の異性がいたなどの、「聞いていない」は、耐えられない傾向が。また、不満はカウント制なので、ある日急に「今まで」に対して静かにキレる場合も。怒ると、しばらく黙る、冷たくするという極端な態度に出がちだけど、これは相手の本気度を試すため。連絡が来るまでは、長期戦で、一途さが伝わるメールを送りましょう。

★射手座…ケンカは有意義な議論にスライドを

「共に高め合える関係」を目指す射手座の彼は、彼女と議論するのも大好き。ただ、相手に常に頑張る魅力的な存在でいて欲しいと望むあまりに、理想を押し付けてくる確率も高め。「頑張っても現実無理がある」ことは、気合を入れて説得しましょう。「学びたい」タイプなので、「女性の心理」について説明したり、話を広げて「時代的、社会的な問題」にまで持っていくと、納得してくれる度が上がります。

★山羊座…簡潔で具体的な伝え方がポイントに

社会的な立場や常識を気にする山羊座の彼は、シビアすぎるほど約束重視。遅刻や予定変更などには、人一倍怒るところも。情に訴えるより、さっと真面目に謝って、反省は行動で示すようにして。なお、保守的なあまり、彼女には稼ぎと家事の両立を求める場合も。ただ、著名人の言葉やニュースなどは、素直に受け入れられるので、「今どき厳しい」と思う彼からの条件には、具体例を上げて、説得してみて。

★水瓶座…タブーワードを避けて彼を尊重して

一見、いつも変わらない印象の水瓶座の彼だけど、自分のコダワリには徹底的に頑固。ハマってる世界に対しては相当マニアックなので、簡単に「わかる」「たいしたことない」などと言われると静かにキレます。また、人に決めつけられたり、押し付けられるのをを嫌うので、「みんなは」「普通は」「常識は」は、タブーワード。彼のコダワリや価値観を尊重して、理解を深める対話を大事にしましょう。

★魚座…「怖がらせない」ことが何より重要

魚座の彼は、理屈や具体的な話よりも、言わなくても察し合えたり、感性が伝わることを重視。ある程度相手に尽くしても「想いが通じない」と感じると、黙って離れていくパターンも。「ルーズ」や「他の女子に優しい」のも、天然な場合が多いので、怒るより「それをされると不安」と、可愛く甘える作戦で。もともと大声や言い争いなどが苦手なので、わかって欲しいことは、優しい声で、言い聞かせて。

(サツキメイ)

お役立ち情報[PR]