お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】好意がバレバレ!? 女性からの「脈ありサイン」6つ

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

気になる男性には、「あれ、俺のこと好きなの?」と自然に気づいてほしいもの。でも、この好きアピールってなかなか難しいですよね。そこで、今回は、気になる異性を落としたいときに女子がこっそりやっている、効果的な「脈ありサイン」の出し方をご紹介します。

「デザートを食べるときに、私のスプーンで食べさせる」(28歳)※イラスト:森もり子、書き下ろし

■行動パターンを把握して視界に入る

・「彼の行動パターンがわかるときは、偶然を装ってたびたび視界に入るようにしている。目が合ったら微笑んでおく」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

落としたい男子がいるなら、まずは行動パターンと時間を把握。エレベーター待ち、食堂での順番待ち、通勤時の電車待ち。彼に近づくチャンスはたくさんあります。チャンスをとらえて彼の視界に入ったら、にっこり微笑んでみましょう。

■飲み会はイス取りゲーム!?

・「飲み会のときなどに近くの席を陣取り、よく話しかける」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

彼と同じ飲み会に参加するなら、隣の席が空くタイミングをしっかり確認。席が空いたら滑り込み、そのポジションを死守です。

■情報収集して質問攻め

・「相手のことをいろいろと知りたいと思うので、質問攻めにしてしまいます」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

飲み会で近くの席を陣取ったら、情報収集活動を開始。情報を得られれば、自然と会話のきっかけも作れます。

■押したり引いたりの会話

・「からかうと褒めるを交互に繰り出す。とにかく興味を示す」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

からかったり褒めたり……小悪魔テクで彼を翻弄しちゃいましょう!

■間接キス

・「デザートを食べるときに、私のスプーンで食べさせる」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

意中の彼を十分引きつけたら、自然に間接キスを誘導。自分のスプーンで彼に「あーん」して、ライバルに見せつけましょう。

■デートの日程を選ばせる

・「2人で遊びに行きたいといって、具体的な日付を何個か提示する。逃げ場を作りつつ、相手に強調できそうなので」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「デートに行くか・行かないか」という選択肢は与えずに、デートに行く前提で日付を何個か提示して選ばせるのも賢い手。これがすっとできれば、一流の追い込み女子!?

■まとめ

追う生き物である男性は、好きバレはしすぎちゃうとよくないとも言いますが、追わせるためにもある程度「脈ありサイン」を感じ取ってもらうことは重要です。うまい具合に「脈ありサイン」を出して、意中の彼をゲットしたいものですね。

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数204件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]