お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

2015年こそ直したい彼女の“変な癖”とは? その気になる直し方も!

ファナティック

気を使ってくれているのか、彼氏に自分の癖を「それやめたら?」って言われること、意外とないですよね。そこでひそかに彼女の癖を見て、「それは変でしょ!」と思っている癖はあるのか。はたまたそれをどうやって直すか、社会人男性に聞いてみました。

■変なこだわりをやめさせたい

・「料理に変なアレンジをして微妙にする」(25歳/農林・水産/技術職)

・「鼻の下のにおいを嗅ぐ癖をなんとしても直させたい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

なかなかやめられない「自分流」のこだわり。こんなこだわりを持っている自分が誇らしい……と女性は思うのですが、彼氏から見るとドン引きなこともあるよう。特に鼻の下のにおいをかぐこだわりは、彼氏でなくとも理解しづらいかもしれません。

■精神的に不安定になる癖を何とかしたい

・「布団の角などで手のひらをくすぐらないと寝られない。手をつないで寝る」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「ヒステリーっぽくなるところ(笑)。とにかく誠実に謝る(フリ)」(36歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

直してもらえるものなら本当に直してくれ!と女性も切望するのが、こんな癖。仕事があまりに忙しくプレッシャーのかかる仕事をしていると、どうしても情緒不安定になりやすいもの。彼氏にしっかり支えてもらえれば、こんな癖も直りそう?

■人前での恥ずかしい癖をやめさせたい

・「人前でも平気で下ネタを言う。こまめに注意して何とかしたい」(28歳/運輸・倉庫/営業職)

・「笑い声が大きい。口に出して注意する」(24歳/金融・証券/営業職)

彼氏が意外と恥ずかしい思いをしているのが、彼女が人前でする下ネタや大きな笑い声なのだとか。恥ずかしいなら言ってくれればいいのに!と思うのですが、言われてもつい忘れてやってしまいがちな癖でもありますよね。

■ケチ癖をやめさせたい

・「スーパーで試食をたくさんする。恥ずかしいから我慢してもらう」(27歳/情報・IT/技術職)

スーパーの試食って、一口だけなせいかやけにおいしく感じてしまうもの。この妙なおいしさにはまって試食をたくさんしてしまう女性もいるようです。ただし彼氏が一緒にいるときは、あまりやらない方がいいかも? スーパーでは彼氏に腕をしっかりつかんでおいてもらいましょう。

あまり彼氏から直接指摘されることがない、自分の変な癖。ただしそれは見えていないのではなく、心の中で「ん!?」と思っていてもあえて口に出さないだけのことも多いよう。もしもこんな癖を持っているなら、彼氏が直しにやってくる前にぜひ自分で直すようにしてみましょう!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年12月22日~2015年1月5日にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]