お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

チョコを食べる頻度はどれくらい?10代女子の7割は1週間に1回以上チョコを食べてることが判明

チョコレートを食べる頻度

マイボイスコムは、全国の男女を対象に「チョコレート」に関するインターネット調査を実施した。調査は2014年12月1日~5日に実施し、1万2,056件の有効回答を得た。

【冬季限定!濃厚なチョコレートで包まれたチョコレートアイスクリームの「ピノ」】

チョコレートを食べる頻度についてたずねたところ、約5割が「週1回以上食べる」と回答した。性別で見ると、女性の方が食べる頻度は高く、週1回以上食べる人が6割弱、女性10代では7割弱となっている。

チョコレートを食べる場面

チョコレートを食べる場面について聞くと、「おやつ」(69.6%)が最も多かった。2位は「甘いものが欲しくなった時」(44.8%)、3位は「ちょっと一息つきたい時」(35.3%)となっている。「甘いものが欲しくなった時」「ちょっと一息つきたい時」「疲れている時」は、女性が男性を15ポイント以上上回った。

市販のチョコレート購入時の重視点について聞いたところ「味」(78.3%)、「価格」(55.5%)の他、「容量、サイズ」「食べなれている」「メーカー」が各2割前後で上位にあがっている。「味」は、女性の方が男性より約15ポイント多かった。

チョコレートに関する日ごろの行動や考え方

チョコレートに関する日ごろの行動や考え方についてたずねると、「おやつの一品として買い置きしている」は41.9%、「気分転換に欠かせない」「自分へのごほうびとして買うことがある」が各2~3割だった。「おやつの一品として買い置きしている」「自分へのごほうびとして買うことがある」は女性が多く、男性を約20ポイント上回っている。

(エボル)

お役立ち情報[PR]