お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アンチエイジング

わかってはいるんです! 女子がなかなかやめられない「肌に悪そうな生活習慣」って?

美肌をキープするためには、日々の生活習慣が重要。まさに「美は一日にしてならず」ですよね。でも、中には「意志が弱く、つい誘惑に負けてしまう……」なんて人もいるのでは? そこで、「肌に悪そう」と思いながらも、やめられないことについて働く女性に聞いてみました。

Q.あなたは、「肌に悪そうだな」とは思いながらも、なかなかやめられない「生活習慣」はありますか?
はい……75.9%
いいえ……24.1%

7割以上の女子が「はい」と回答する結果に! どんな生活習慣を続けてしまっているのか、くわしく教えてもらいました。

■お菓子を食べる
・「お砂糖のたっぷり入ったお菓子を食べること。最近、わたパチにハマってしまい、お砂糖の塊だと思いつつもやめられない」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「ポテトチップスやチョコレート菓子を食べること。ストレス発散にもなるのでやめられない」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

甘いお菓子は、女子の心を癒してくれますよね。多少なら問題ないと思いますが、食べすぎは肌の老化につながることもあるそう。ダイエットの意味でも、「ほどほど」にしておきたいですね。

■日焼け
・「夏になると、海に行って日焼けをすること」(29歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

美肌の大敵・紫外線。お肌へのダメージは大きいので、外でアクティブに動くことが多い人は、必ず紫外線対策を忘れずに。

■夜更かし
・「夜更かし。夜のほうがゆっくりできるタイプで、体に悪いとわかっていても、ついついしてしまう」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「お風呂上りにくつろぎながら、インターネットショッピングをするのが楽しくて、ついつい夜更かしをしてしまう」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

寝る前ののんびりした時間が好き! という人も多いですよね。ネットサーフィンやSNSチェックだけでなく、深夜のテレビ番組など誘惑もたくさんあるので、つい夜更かしをしてしまう気持ちもわかります。でも、お肌だけでなく、健康のためにも、睡眠時間はしっかり確保する習慣をつけておくようにしましょう。

■メイクにまつわるあれこれ
・「お風呂に入らず寝落ちすること。翌日の肌が大変なことになってしまい、いつも後悔するのに眠気に負けてしまう」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「長時間に渡るメイクを続けていること。時期によっては、1カ月ずっとフルメイクのときも……」(23歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

女子にとって欠かせないメイクですが、きちんと落とさないと、肌トラブルの元に! 帰宅して、ベッドに入る前に「メイクを落とす」よう心がけたいものです。また、長時間のメイクを続けているのも「肌に悪い」と考える意見も寄せられました。休日はすっぴんで過ごすなど、「肌を休ませる日」をつくれるといいですね。

いかがでしたか? 当てはまる点があるという人は要注意。キレイな肌をキープするためにも、自分の生活習慣を一度見直してみるといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数191件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]