お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

パンの上にタコ!ユニークおかずパン「フォカッチャ いいだこ」が人気の築地のパン屋「オリミネベーカーズ」

「フォカッチャ いいだこ」298円

築地グルメと言うとお寿司や海鮮丼が真っ先に思い浮かぶが、ちかごろ築地の町では、とあるパン屋さんが話題を集めているそう。その店は、地下鉄築地駅から5分、築地市場からも程近い場所に2011年に開業した「オリミネベーカーズ」。

【牛丼だけじゃない!都内3店舗で居酒屋な吉野家―“吉呑み”可能な「吉野家 西五反田一丁目店」】

もともとこのエリアにはパン屋さんが少なかったこともあり、人気のパンは午前中で売り切れてしまうほど、地元の人々に熱烈な支持を受けている。

●築地らしい魚介パンに、食パンも人気
グリーンの扉に「ORIMINE BAKERS」の文字。この界隈ではちょっと目立つ洒落た外観だ。こぢんまりした店内には、食パン、バゲットからサンドイッチ、おかずパン、定番のおやつパンまで、手作り感いっぱいのパンが40~50種ほど並ぶ。

中でもユニークなのが、築地市場で仕入れた小さなイイダコをまるごとゴロンとのせた「フォカッチャ いいだこ」298円。味付けは、アンチョビーとオリーブオイル、ニンニクの風味をきかせたブプッタネスカ風。パン生地が風味豊かな上、タコの味も濃厚で満足感大。

ランチに最適なちょっとリッチなおかずパンだ。ほかに魚介系では、大葉とたっぷりのしらす、チーズをトッピングした「しらすフォカッチャ」298円なんてものも。クリーム入りの「くまパン」123円も可愛らしく、つい手が伸びる。

「フォカッチャ いいだこ」のインパクトが強いが、実は常連客には、ベーシックな食パンや食事パンが一番人気。「パンそのものの味をしっかり出すことを何より大切にしています。改良剤、イーストフード、乳化剤は不使用なので、生地の配合はシンプル。

毎朝早くから時間をかけて一から作り上げています」とこだわりを語る店長の田中さん。地元の人に愛される秘密は、基本を大切にした丁寧なパン作りにあるようだ。
早い時間に売り切れるパンが多いので、午前中の来店がおすすめ。ただしお目当てのパンがある場合は、予約もOKだそう。

【店舗データ】
店名:オリミネベーカーズ 築地7丁目店
※他に「新大橋店」もあり
所在地:東京都中央区築地7-10-11
営業時間:7:00~19:00
定休日:水
HP:http://oriminebakers.com/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・バゲット370円
・折峰食パン432円

お役立ち情報[PR]