お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 さびない女

気分最悪! 「八つ当たりしそう!」とイライラしているときの対処法5つ

「大人でいよう」と思っていても、どうにもイライラが止まらないときだってありますよね。しかしそんな気持ちをぶちまけても、まわりに迷惑をかけるだけ。自分の気持ちだって決して晴れないものです。ではみなさんは、そんなときどうやってイライラをやり過ごしているのでしょうか? 女子のみなさんに聞いてみました。

ひとりになる

・「トイレに駆け込んで自分の気持ちをリセットする」(31歳/その他/事務系専門職)

・「感情は抑えられないので、席をはずすなど距離を取る」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ひきこもってできるだけ人に会わないようにする」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「なるべく人に会わないようにする。電話やメールもすぐには返さない」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

他人に八つ当たりしないように「ひとりになる」という声が多数。その方法はさまざまですが、「トイレに入る」「家に引きこもる」という意見が大勢を占めていたようです。シチュエーションによって使い分けてもいいかもしれません。

黙って気持ちを抑える

・「話すと八つ当たりしそうなので黙ってる」(26歳/金融・証券/営業職)

・「しゃべるのと考えるのをいったん止める。頭が真っ白になるくらい、何も考えないようにする」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「気持ちを中に押し込んで、出さないようにしている」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

ちょっと技術も必要かもしれませんが、「しゃべらない」「気持ちを表に出さない」という人も。こうなると、自分との戦いになりそうですね。

思考をめぐらせる

・「とにかく冷静になれ、と繰り返し自分の中で唱える」(32歳/不動産/その他)

・「心の中で『ここで発散したら、周囲は自分のことをどう見る?』と問答して、抑えます」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「だれにこの最悪の気分を愚痴ろうか考えながら感情を抑える」(26歳/医療・福祉/専門職)

相手に気持ちをぶつけないために、気持ちをコントロールしているみなさんも。場合によっては想像力も必要なのかもしれません……。

気分を変える

・「甘いものを食べて気分転換」(25歳/電機/事務系専門職)

・「飲み物を飲んで、いったん冷静になる」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ふて寝する、とにかく寝るのが一番、感情の収まりがつかないときは、寝ることで落ち着かせる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きな音楽を聞いたり、本を読んだりして、気分転換をしようと試みます」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

ずっとイライラと格闘するのも大変ですよね。可能であれば、やはり気分転換するのがいいかもしれません。

ガマンしません!

・「八つ当たりしても大丈夫な人に八つ当たりする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「だいたい主人に八つ当たりしてしまう。怒りすぎてしまうと主人もだんだんイライラしてきてしまうので、あまり言いすぎないようにしている」(27歳/その他/クリエイティブ職)

・「感情は抑えません。迷惑をかけない程度に素直に顔に出します」(26歳/医療・福祉/その他)

相手によっては、素直にぶちまけてもいいのかも。しかし八つ当たりされて気分がいい人は少ないはず。相手に甘えるのはほどほどにしておきましょう。

八つ当たりしないためには、やはり自分の言動をコントロールすることがポイントのようです。疲れが溜まっているときこそ、イライラしやすかったりもするので、日ごろから疲労は溜め込まないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数217件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]