お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

はっきりしてよ! オトコの煮え切らないアプローチ「好きな人の話が、どう考えても私のこと」「君とつき合ってみたい」

最近は、恋愛に対して消極的な男性が増えているそうです。そのため、好きな人ができても、アプローチの方法がわからない男性も多い様子。そこで今回は、働く女性たちが経験した「男の煮え切らないアプローチ」を教えてもらいました。はっきり言えない男たちのがんばりを、あたたかい目でご覧ください。

■今さら言われても……

・「『一緒にでかけよう』と誘ってくるくせして、いつも友だちも一緒なこと。何年かして、また『遊ぼう』ときたので『彼がいるから』と断ったら、『あのとき、好きだった』と返事がきて、実は彼なりにアピールしていたことをあとで知った」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

当時は、きちんと伝える勇気が出なかったのでしょうか……。もっと早く言ってほしかった!

■サインって何よ!?

・「3回会ったことのあるだけの人に、『つき合わない?』と言われて、ふつうに、ていねいに断ったら、逆にしかられたことがある。『僕が好きだってアピールしているのがわかったんなら、ダメですみたいなサインがほしかったな』みたいなことを言われた。『この年齢になって、友だちみたいな関係ってあり得ないんだよ』みたいなお説教までされた。『友だち感覚で』みたいな誘い方をしてきたので、友だち感覚以上のことを考えずに、会った。会って3回でまだ何もわからないのに、ホイホイつき合う女もいねぇだろと思った」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

最初から恋愛関係になる気満々にもかかわらず、友だち感覚で誘う男。女性からすると、申し訳ないですが……そのサインわかりません!

■嫉妬させる作戦

・「好意アピールはしてくるのに、ほかの女性に気がある話ばかりする」(31歳/学校・教育関連/技術職)

「じゃあ、がんばってその気になる女性を落としてよ」としか言えませんね。

■それは、告白なの?

・「そのころ流行っていたドラマの登場人物のたとえ話にされて、『実は○○は○○が好きなんだよ』と自分たちにたとえられたが、中途半端すぎて面倒だったので『何それ(笑)』と言って、気づかない振りしてスルーした」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

この男性としては、ロマンチックな告白のつもりかも? 伝わらなくて残念でした。

■だからどうしろと?

・「近況を毎日報告するメールを何通も送ってくるけれど、それ以上何のアクションもない」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

ただただ毎日、近況報告のメールが届くなんて、もはやちょっとしたホラー。ブログにでもつづってくれればいいのに……。

■順序があるよね?

・「『ランチ行こう、ランチ行こう』ばかりで、夜のご飯はなし、お酒ももちろんなし。でも、家に連れて行けだの自分の部屋に来いだのと言われたこと」(27歳/その他)

ランチがファーストステップで、セカンドステップは自宅。何やら、いろいろとばしています。

■学生じゃあるまいし……

・「まわりから攻めてこられた。『〇〇くんがこう言っていたよ』というのをよく聞いた」(31歳/医療・福祉/専門職)

学生時代なら、これもうれしかったのですが……。大人の男女なら、周囲を巻き込むのは勘弁してほしいところ。

■別に……

・「『そろそろ結婚を考えられる女性と出会いたい、まわりが結婚ラッシュだから焦っている』と。『それで、君は今どんな感じ?』と切り出されたとき」(27歳/学校・教育関連/営業職)

どんな感じと聞かれても……。答えようがありません。

■ちょっとカワイイけど!

・「手をつなぎたいのか、歩いているときにやたらと当ててくる」(33歳/その他)

どうせなら、思い切って握ってほしい!

■歌詞に思いを乗せて

・「よくわからない歌の歌詞らしきものをメールされた」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

歌っている動画が送られてくるよりは、まだマシでしょうか……。

■遠回しはヤメテ!

・「やたらメールがきて、好きな人の話をされるが、どう考えてもその相手が私のとき。もうどうしたらよいか……」(26歳/学校・教育関連/技術職)

「それって、もしかして私のこと?」と言わせる作戦でしょうか? リアクションに困りますね。

■それってどういうこと!?

・「告白されたのですが、『返事はまだいい』と言われたのはきつかったです」(30歳/その他)

「じゃあ、なんで今言った!?」と突っ込まずにはいられません。

煮え切らない男たちのアプローチは、聞いているだけでモヤモヤしてしまいます。男性には男性なりの考えや事情があるのでしょうけれど……。こんな遠回しなやり方では、女心はつかめません。やはり、決めるときにはビシッと決めてほしいものですよね。

(OFFICE-SANGA 森川ほしの)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数228件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]