お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「こんなはずじゃなかったのに!」男の肩書や人脈、年収に目がくらんで失敗したエピソード12

結婚を意識する年齢になると、お付き合いする男性のステータスが気になってきますよね。中にはつい男性の肩書や人脈、年収などに目がくらんで失敗した人もいるのではないでしょうか? 実際に働く女性から体験談を集めました!

■高学歴な相手についての失敗談

・「高学歴の人に目がくらんだけど、性格がキツくてうまくいきそうもなかった」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「友だちは大学時代、慶応ボーイに惹かれて付き合ったけど、ものすごくぞんざいに扱われた上に浮気されてポイされた」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「高学歴、高収入の男性とデートしたが、あとから既婚者と分かった」(25歳/運輸・倉庫/その他)

頭はよくても人間性がいまいちな人はいますよね。高学歴だからといって、安易に付き合うのは止したほうがいいかも……。

■年収に惹かれたけれど

・「年収3,000万以上に目がくらんでお付き合いしたけれど、ひどくわがままで、庶民を見下していてとても付いていけなかった」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「友人が付き合っていた社長の会社が倒産した」(23歳/その他/事務系専門職)

・「年収1,500万に目がくらんだけど、一緒にいてしんどいのでダメだった」(25歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

誰もがうらやむ高収入の男性ですが、一緒にいて合うかどうかは別物ですよね。あまりに価値観が合わない場合は、高収入でもウンザリしますよね。

■職業で選んだものの

・「消防士から『付き合ってほしい』と言われ、人気職種なので付き合うか考えたが、人間としてはすごくややこしい人で、断った後もしつこく言い寄られた」(28歳/建設・土木/技術職)

・「先生とか言われると誠実そうで飛びつくが、相手にされない」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「警察官の方と合コンをした。どういう仕事をしているのかをインタビューするような状態になってしまった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

職業が人柄を作ることもありますが、観察してみないとわからない人間性もあります。

■肩書はいいのに

・「友人が医者と付き合っていたが、相手の親のプライドが高すぎてダメになった」(31歳/その他/事務系専門職)

・「医者の肩書に目がくらんでおつきあいした友人は、マザコンと知りつつ結婚したが、それが原因で離婚した。マザコンを侮ってはいけない」(27歳/商社・卸/営業職)

・「弁護士という肩書で寄って行き、他にも遊ばれている女の子たちがいた」(32歳/医療・福祉/専門職)

女性にモテる肩書を利用して楽しんでいる人も。軽い女と思われないようにしたいものです。

男性選びの大失敗について見てきました。ステータスは大事だけれど、人柄まで良い男性はなかなかいないのかもしれません。平凡な恋愛のように、まずは相性で選んでみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数239件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]