お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

天然モノには敵いませんから! 女子が語る「養殖女子」の目撃談4選

本当は天然じゃないのに、あえて天然アピールをする「養殖女子」っていますよね、本人はバレていないつもりでも、意外と「あ、この子天然ぶっているな」と気づいてしまうものです。そこで、実際に「養殖女子」を目撃したことのある人に、くわしい特徴を教えてもらいました!

■態度が変わりすぎ

・「男女の前で態度が変わる。特に声色が顕著」(22歳/小売店/事務系専門職)

男女の前であきらかに態度が変わるのは、見ていてあまりいい気分はしないですよね。男女関係なく、ありのままで接したほうがいいのに……と思ってしまいます。

■自分で「天然」だと言ってしまう

・「『私って天然だから~』と言っている人。天然の自覚というか、そんなことを言っている人は断じて天然ではないと思う」(31歳/不動産/事務系専門職)

本当に天然の人なら、自分のことを天然だと言うことはないですよね。

■絶対狙っている!

・「ドジなフリをする」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「わざわざ家を出たときに『左右で靴を履きまちがえちゃった~』と皆に写メを送ってくる。あきらかに履き心地がちがいそうで、色も全然ちがう。狙ってやったとしか言いようがない」(24歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「とにかくわざとらしい上目遣いではしゃいでいて見ていて疲れる、本人はまわりの白い目に気づいてない」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

わざとらしいことをすると、周囲はすぐ気づくものです。

■しゃべり方がおかしい

・「ふわふわとしたしゃべり方で語尾を異様に伸ばす。周囲には養殖だとバレているのに、気づいていないようです」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

しゃべり方が天然を思わせるようなものでも、それが意図的であれば、バレてしまうケースも多いみたいです。本当に天然な人なら、不自然さを感じないですよね。

付け焼き刃の「自称・天然女子」は、少なくとも同性目線ではすぐバレてしまうようですね。あなたのまわりに、「養殖女子」はいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年10月にWebアンケート。有効回答数192件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]