お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 働き方

怒られたくない! 遅刻の言い訳と対処法をマナー講師が解説

松本繁美(マナーアドバイザー)

まとめ

遅刻をするときは、正直に理由を伝えることが大切です。遅刻がわかった時点で、メールやLINEではなく直接電話で報告しましょう。その際、現在地と到着時刻の目安も伝えられるとベストです。また、会社に到着したら、上司のもとへ行って謝罪しましょう。今後同じことを繰り返さないために、自分なりの対策を考えて上司に伝えるとなおよいです。

(監修:松本繁美、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査期間:2014年9月にWebアンケート
調査人数:272人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]