お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

それ、ずるいわ~! 男性が萌えた「女性の小悪魔テク」4選

その気がない男性にもさりげなくアピールするのが上手な女性っていますよね。「もしかして計算?」と思いながらもついついそんな小悪魔テクに、男性たちはドキッとさせられているみたい。今回は、女性にされて一番萌えた「小悪魔テク」について聞いてみました。

■さり気ないボディタッチ

・「気がないのに、飲み会でのボディタッチが多かったこと」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「笑顔のボディタッチ」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「隣に座っているときに、太ももにさりげなく手を置かれた」(32歳/機械・精密機器/技術職)

小悪魔テクの王道ともいえるボディタッチは、やはり男性をドキッとさせるようです。「その気がないくせに」と思いながらついつい反応してしまう素直さが男性のかわいいところでもありますよね。

■上目遣いが……

・「上目遣いで見られる」(31歳/情報・IT/技術職)

・「髪をかきあげながら、下から見つめられつつお願いをされたとき」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

セクシーさとかわいらしさが感じられる上目遣いに弱い男性も多いようですね。どうしても男性より目線が低くなる女性としては、意識していなくても上目遣いになることがあるのですが、うまく利用すればお願いごともすぐに聞いてもらえそうです。

■女性の涙

・「泣くのを我慢しているフリ」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「泣きつかれる」(26歳/医療・福祉/専門職)

女性の涙には勝てないという男性も少なくないよう。たとえ泣くのを我慢しているフリだとわかっていても強がっている女性に萌えてしまうという男性は、やさしい人でもあるのでしょうね。

■ツンデレ

・「自分のこと絶対好きだろう、と思える言動があるのに絶対自分から告白しない」(38歳/その他/技術職)

・「最初態度が悪く、徐々に甘える」(24歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「返信をあえて遅くする」(22歳/機械・精密機器/営業職)

彼のことを好きなそぶりを見せながらも、自分から好きとは言わない女性のツンデレっぷりに萌える男性も。甘えたり、冷たくしたりする女性の態度に振り回されるのを楽しんでいるという部分もあるのかもしれませんね。

いかがでしたか? 嘘だとわかっていても、ついつい女性の小悪魔テクに引っかかってしまっている男性は多いよう。何の気なしにやっている女性は多いと思いますが、あまり勘違いさせないよう、気をつけたいところでもありますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]