お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 自分みがき

気づいてないのは本人だけ!? オフィスで同僚にスルーされる「イタい女子」の特徴

オフィスでの振る舞いは、案外冷静に観察されていることがあります。同僚たちにもスルーされるほどイタイ言動を目にすると、つい聞き耳を立ててしまったり……。知らぬが仏とはいいますが、本人も気づかないうちにスルーされてしまうような言動について、働く女性の目撃談から迫りました。

■オフィス向きではない外見

・「ものすごく暗くて服装も冴えなくて毎日ノーメイクで来る人」(32歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「いつも洋服の露出度が高い先輩がいて、胸元とかもかがんだときに全然見えています。さすがに恥ずかしいのでお客様がいらしたときは、同席させないようにうまくかわしています」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「化粧をほとんどしていなくて汗臭い、女を捨てた先輩」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

本人はどういう意識でやっているのかわかりませんが、オフィスに相応しくない外見を貫く人は同僚たちからも敬遠される存在。ノーメイクが許されないオフィスでそれを押し通すことができる頑固さがスルーされる原因かもしれません。

■空気が読めない

・「ほんわかしていて『天然』と言えば聞こえはいいのですが、周囲の空気が読めず場違いな発言を繰り返す先輩女子がいて、女性社員同士の集まりにだんだん呼ばれなくなっていると聞いたことがあります」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「自分で自分を可愛いと思っている先輩。もういい年なのに格好がピンクづくしだったり、ツインテールにしたり……それが許されるのは10代までかと」(27歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「なんとなく空気が読めなくて、今それ言わなくていいのに……ということを言ったりする」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

「年上」で「天然キャラ」となると、付き合いにくさも倍に!? 空気が読めず不用意に発言する人は、一緒にいる人もヒヤヒヤしてしまうのでだんだん疎遠になっていくのかもしれません。

■仕事ができない

・「仕事ができないことに気付いていない」(23歳/その他/事務系専門職)

・「仕事ができず本部の指示待ちで行動する、上から目線の人」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

仕事のデキるデキないは、案外外から見えやすいもの。一度「できない人」のレッテルを貼られてしまうと、尾を引きそうです……!

■気分屋

・「独り言や、愚痴が多い先輩女子。気分に任せて当たり散らすので、同僚が気を遣っている」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分勝手で、人に仕事は振るけど自分は受けない人は、周囲から無視されている」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「傲慢で、気分屋で、自分のミスも人のせいにする」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

気分によって人に当たり散らしたりするような人は、一緒に仕事をするのも大変そう。自然と距離ができてしまっても仕方ない!?

本人はまわりの目を気にせず、好きにやっているのでしょうが、同僚たちの輪に入れずにいると、イザというときに助けてもらえず困ることも。人付き合いは相手が同僚・後輩に関わらず、それをすることで相手がどう思うかを考えて行動するように心掛けたいものです!

※マイナビウーマンにて2014年8月にWebアンケート。有効回答数112件

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)